無料ダウンロード
無料ダウンロード

世界中に200の事務所を構える組織がGMDH Streamlineを在庫計画ソリューションとして選定した理由

聖書協会世界連盟 (United Bible Societies) のグローバル サプライチェーン コーディネーターをなさっている Ralph Libier 様にインタビューしました。

インタビューは2019年5月3日に行われました。聞き手は、南アフリカにある大手サプライチェーンコンサルティング会社である Cornerstone Inventory社のLeon Nel博士です。


1. GMDH Streamlineを選定した理由について教えてください。

私たちは世界中に中央事務所(と地方事務所)を構えています。中央事務所では、在庫分析、需要予測、在庫計画と在庫補充の4つの業務を行い、これらの業務を手助けするツールを探していました。GMDH Streamlineは、これらの機能をすべて1つのアプリケーションに統合し、非常に手頃な価格で提供していたため、GMDH Streamlineを選定しました。


2. GMDH Streamlineの導入時期はいつ頃ですか?

およそ2年ほど前です。


3. GMDH Streamlineと連携している在庫計画ソフトはありますか? 在庫計画ソフトがある場合、その製品名と理由を教えてください。

GMDH Streamlineだけを利用しています。


4. GMDH Streamlineを利用する前の期待と実際に利用された後の感想ついて教えてください。

GMDH Streamlineは期待以上の成果を上げています。GMDH Streamlineを利用する以前は、最初にForecastProを利用していました。ForecastProは優れた需要予測ツールですが、私たちにとっては少しばかり複雑なツールでした。私たちが必要とする機能は在庫補充計画でしたが、ForecastProにはその一部の機能しかありませんでした。そのため私たちは、Excelを利用し、在庫分析と在庫補充計画を立案していました。GMDH Streamline導入後は、そのExcelの作業がなくなりました。


5. GMDH Streamlineの機能の中で、最良と考えている機能ついて教えてください。

需要予測と在庫計画が統合され1つになっていることです。さらに付け加えると、補充計画、ABC分析、KPIレポートとKPIダッシュボードです。


6. GMDH Streamlineの製品範囲または限界について教えてください。

運用レベルでは、GMDH Streamlineは需要予測と在庫計画のための優れたツールです。しかし、経営者レベルやS&OPプロセスに必要とされる業績評価では、限界がいくつかあります。この業績評価では、需要予測や在庫水準や利益などを、数量ベースと金額ベースの2つの基準から、品目レベルと品目分類レベルの階層で細分化や集計などを行い、実績と予測を比較する可能性があります。このような分析をより手軽にするGMDH Streamlineの機能追加方法が必要ですが、私たちはこの点についてGMDH社と話し合いを進めています。


7. GMDH Streamlineをカスタマイズする必要がありましたか?もしあれば、その理由やカスタマイズ方法を教えてください。

そうですね、カスタマイズする必要がありました。私たちには、グローバル ソーシングから起因する長期のリードタイムと輸送の制約があるため、GMDH Streamlineが作成した発注スケジュールよりも、さらに柔軟なスケジュールが必要でした。また、GMDH Streamlineには日数を基準とする在庫指標がありましたが、私たちが必要とする月数基準の在庫指標はありませんでした。これに加え、在庫指標に積送在庫を含める必要がありました。一般的には在庫指標には積送在庫を含めないため、これは私たち組織に起因した特殊な要求でした。GMDH社は積極的に耳を傾けてくれました、その後、私たちの状況を理解し、私たちの特殊な要求に対応してくれました。現在では、必要だったカスタマイズはすべてGMDH Streamline標準機能になっています。


8. GMDH Streamlineについて、予想外に良かったことがあれば教えてください。

使い勝手がよいことです。そして非常に安定しています。私たちはシステムの計算結果をすべて再計算してきました。これまでのところ、完璧に動作しています。


9. GMDH Streamlineを導入してから、実感できた大きなメリットについて教えてください。

GMDH Streamlineのおかげで、中央事務所の需要予測と在庫計画の立案が簡単になったことです。


10. 問題や課題があった時のGMDH社の対応の早さについて教えてください。

技術サポートが必要になったことは、これまでにほとんどありませんでした。いくつか軽微な問題を見つけましたが、その次のリリースまたは修正版のリリースにて解消されました。


11. ソフトウエアサポートの品質について教えてください。

GMDH Streamlineの使い勝手がよかったことと、非常に広範囲なオンラインマニュアルが用意されていたため、導入にはサポートはほとんど必要ありませんでした。依頼したサポートは、主に私たちが必要だったカスタマイズに関連したサポートでした。


12. 製品選定や導入について、別の選択肢があったとお考えですか?

別の選択肢はなかったと思います。


13. 製品選定や導入の機会が再度あれば、GMDH Streamlineを選定しますか?

もちろんです。今まで見てきたソフトの中でも、費用や品質などの面からGMDH Streamlineが最良です。


14. 聖書協会世界連盟で扱っている品目数について教えてください。

私たちは200を超えるの国と地域に中央事務所を構えていますが、中央事務所のいくつかでは25品目を扱っています。それ以外の中央事務所では数千品目を扱っています。


15. 拠点(店舗・倉庫など)構成と品目の配送の関係について教えてください。

倉庫が1つだけの中央事務所がいくつかありますが、それ以外の中央事務所では、次のようになっています。1つの中央倉庫から複数の物流センターへ配送し、各物流センターから多数の支店に配送しています。


16. 選定時に共有できるアドバイスなどがあれば教えてください。

予算が限られている中小企業であれば、市場に出回っている中ではGMDH Streamlineがほぼ最良です。GMDH Streamlineには、高額な前払いライセンス料がありません。月々のサブスクリプションで使い始めることができます。もしGMDH Streamlineが気に入らなければ、解約することができます。私たちは月額サブスクリプションで始めました。年間サブスクリプションに変更時には、GMDH社からサブスクリプションの割引がありました。


お気軽にお問い合わせください。

弊社技術アドバイザーが、ご要望やご質問に適切に回答いたします。