デモをリクエストする

2021年の最高のExcel需要計画ソフトウェアツールとシステム (トップ10の比較)

1. Streamline — 全体的に最高のExcel需要計画ソフトウェアソリューション.

  • 予測・計画・発注の業務効率 2倍
  • 在庫切れを最大98%削減します。
  • 過剰在庫 15-50%減少
  • 在庫回転率 35%増加
無料ダウンロード »
無料版は永久に無料です。

"ExcelからGMDH Streamlineへの乗り換えは、お早めに。需要予測・在庫計画の業務効率が上がり、利益もすぐに資本化できます。人生だってちょっと楽ちんになりるおまけつきです。"

シニアコンサルタント ガートナーのピアインサイト

あなたが完璧な Excel需要計画 ツール?

Excel需要計画ソフトウェアシステムとExcel用ツール

1. 動作が軽く直感的なUI

在庫計画は効率的かつ効果的に行なう必要があります。GMDH Streamlineの使いやすいUIで、長期目標や事業展開の立案に集中できます。

2. 業務データソースとシームレスな連携

GMDH Streamlineは、ERPから販売データインポートだけではなく、需要予測や在庫計画立案後の発注情報を自動エクスポートもできる双方向の連携ができます。

3. 円滑かつ迅速な導入

導入の成功には、計画に関する多数のパラメータの調整が欠かせません。弊社は、現在販売されている販売システムやERPシステムの全般を熟知しているため、お客様のシステム導入でも迅速に対応できます。

4.お客様の業務プロセスとの理想的な適合性

在庫計画ソリューションは、業務目的や他の業務プロセスに合わせる必要があります。

在庫計画ソフトエアを選定する場合、考慮すべき点が多くあります。選定前に考慮すべき点には、総保有コスト 、ソフトウエアの信頼性、技術サポートの品質、お客様の製品比較検討価能力も含まれるかもしれません。

GMDH Streamlineの需要計画

需要計画に関連するStreamlineの機能:

GMDHStreamlineを無料でダウンロード または 専門家にデモをリクエストする 会社の需要計画プロセスを改善する方法を確認します。

Excelに時間を奪われていませんか?

GMDH Streamlineなら今日から始められます。

  • 予測・計画・発注の業務効率 2倍
  • 90-98%の在庫切れの削減。
  • 過剰在庫 15-50%減少
  • 在庫回転率改善 35%以上
  • ROI 1か月目 100%・1年目 10倍 - 40倍
  • GMDH Streamlineは、世界中の小売業者、卸売業者、流通業者、製造業者、およびeコマース向けにすでに$50億を超える在庫を管理しています。

需要予測機能のビデオを見る

GMDH Streamlineの主な機能とメリットの紹介

Streamlineの需要予測機能[音声]

正確な統計予測

不正確な予測は、予測しないことよりも、危険かもしれません。

需要予測製品の多くは、「モデル適合」アルゴリズムを使い、複数のモデルから1つを選択します。この選択方法の問題点は、現在のデータを過大評価し、将来の精度を過小評価の傾向があることです。これは「モデルの過剰適合」と呼ばれます。GMDH Streamlineでは、これを回避するために特殊なアルゴリズムを用いて履歴データに基づく統計モデルを作成し、需要をより正確に予測します。

予測承認システム

メンバーと連携して計画立案しますか?

GMDH Streamlineでは、各SKUに承認・未承認・要注意状態を設定する、予測承認システムがります。承認状態となったSKUは、その計画がロックされ変更から守られます。そのため、安心して残るSKUの計画立案ができます。

売上金額予測

来季の売上予測は必要ですか?

GMDH Streamlineでは、需要予測に合わせた売上計画や利益計画も立案できるように、販売数に加えて、販売価格や購入価格をインポートできます。

柔軟なユーザー予測調整

「意思入れ」方法は?

多くの企業では、統計的な予測は最終的な予測にはなりません。最終的な予測の作成には、経営者と計画担当者で計画のすり合わせが必要です。

GMDH Streamlineでは、予測の管理・確認機能、経営サイド・サプライヤーなど社内外の情報から予測を調整できる機能があります。

新製品の予測

販売中止品目の後継品目や販売履歴の短い品目がありますか?

GMDH Streamlineでは、既存品目や類似品目が持つモデルや季節変数を新製品にリンクさせることができます。新製品や後継でも信頼できる需要予測ができます。

とは 需要予測?

需要予測は、特定の製品またはカテゴリに対する顧客の需要を理解および予測するプロセスです。このプロセスは、販売および市場動向の履歴データの分析に基づいており、次の予測は、季節的、線形、または一定の傾向などの統計的予測モデルに基づいています。サプライチェーン管理プロセスは、将来の顧客の需要と傾向予測の正確さに依存します。そのため、需要計画担当者は、需要予測を行うときに予測の精度と予測エラーレベルを考慮に入れます。これは、需要予測にStreamlineを使用すると、最も効率的なレベルを簡単に取得できます。 Streamlineは、レベル、季節性、傾向、および断続性について各アイテムを自動的に分析する組み込みエキスパートシステムを使用して、正確な需要予測を提供します。

需要計画について

需要計画は、製品およびサービスに対する顧客の需要の概要を示し、管理するビジネスプロセスです。顧客需要の計画は、最も適切なモデルを使用した統計的予測で構成されます。需要計画プロセスの結果として、企業は、サービス計画プロセス、生産、在庫計画、および収益計画を開始する販売計画を取得します。

とは 収益計画?

収益計画は、社内のリソースの管理に関するものです。期待される収益を達成するには、次のことを考慮に入れる必要があります。既存のリソースの分析、期待される費用の計画、および/またはビジネスへの投資。 Streamlineは、在庫レポートでこれらのアイテムを強調表示することにより、在庫の過剰または不足について警告します。また、各アイテムの売上高を計算し、予測に基づいて将来の傾向を示します。

在庫計画在庫最適化について

在庫計画とは、手持ちの商品を管理し、タイムリーな注文を行って最適な数量を決定し、在庫過剰や在庫切れを防ぐプロセスを意味します。在庫最適化のプロセスは、最大の収入を得るために、在庫管理単位(SKU)と運転資本のバランスを取ることを目的としています。 Streamlineには、在庫レベルの最適化、安全在庫の計算、および最適な購入計画の生成のための強力な機能があります。また、サプライヤごとにアイテムをフィルタリングし、さまざまな製品の注文を処理して、コンテナの容量に最適にすることもできます。

とは 資材所要量計画?

資材所要量計画(MRP)は、製造プロセスの管理に使用される生産計画、スケジューリング、および在庫管理システムを含むプロセスです。必要な資材と注文がいつ生産に入ることができるかを計算するために、MRPプロセスでは、部品表(BOM)、生産計画、および資材計画に関する情報が考慮されます。 Streamlineを使用すると、完成品の需要予測と部品表(BoM)に基づいて、品目所要量の計画を作成できます。

お客様の声

Eric Tewey

私たちの需要予測や生産計画は、GMDH Streamlineによって大きく変わりました。GMDH Streamlineは、使い易く、柔軟性があり、私たちの予想をはるかに上回るに高い精度で予測をしています。GMDH Streamlineを使ったおかげで、私たちの予測精度は、平均的なものから、世界トップレベルまで高まり、収益に非常に良い影響を与えました。さらにGMDH社の顧客サポートは素晴らしく、他とは比べようがありません。私たちのビジネス、私たちの需要予測モデル、私たち社員を学ぶために彼らが費やした時間が、結果となって表れています。

Swisher International社 IT副社長補佐
Jacob Shallman

GMDH Streamlineは、小規模ビジネスの需要予測の夢を実現するものです。巨大なERPシステムに対して、もしあなたの会社が、私たちと同じように小規模であり、もしあなたの会社が、私たちと同じように需要予測や発注の経過を観察する必要があれば、まさにGMDH Streamlineは理想的なツールになります。GMDH Streamlineは、QuickBooksと統合できて、1回のクリックでいつものレポートを作成できます。これまで何時間も必要だった手動の更新が必要なくなります。私はこのツールを愛用しています。


GMDH Streamlineを無償ではじめませんか?

すぐにダウンロードできます。クレジットカード情報は必要ありません。すべての機能を使用できます。

連絡先

hello@gmdhsoftware.com
sales@gmdhsoftware.com
support@gmdhsoftware.com
+1 (888) 688-6406 (北米)
+1 (347) 470-4634 (他の地域)
ニューヨーク本社
55 Broadway, 28th Floor
New York, NY, 10006
gmdhオフィス

2. SAP統合ビジネスプランニング(有料)

SAP Integrated Business Planning ソフトウェアは、クライアントに財務予測、予算編成、シナリオ計画、統合、およびコラボレーション ツールを提供する計画および統合ソリューションを提供します。このERPをサプライチェーンのプロセスに活用することは絶対に可能です。このソリューションの利点と欠点は、Capterra および G2 レビュー プラットフォームで収集され、以下にリストされています。

SAP統合ビジネスプランニング
ソース: SAP

SAPを使うメリット

  1. 「これはまだ少人数のグループなので、私は彼らのスタッフに親しみ、サポートをさらに魅力的なものにしました。基本的にExcelで階層を設定しているため、非常に使いやすいです。」
  2. 「アプリケーションに全体的に非常に満足しています。インストールと展開の点でシームレスでした。」

SAP使用のデメリット

  1. 「スクリプトに関する限られたドキュメント。スクリプトのトレーニングは非常に専門的で集中的です。」
  2. 「ユーザーインターフェイスが古くなっているようです。この機能は初心者にはわかりにくいため、新入社員のトレーニングに多くの時間を費やす必要があります。」
ソース: カプテラ

マシュー C.

「レガシーツール」

「計画機能は、サプライチェーンに付加価値を提供します」

ソース: カプテラ

3. Blue Yonder Demand Planning(有料)

ブルー・ヨンダー は、Luminate Platform というソフトウェアでサプライ チェーン管理、製造計画、小売計画、店舗運営、およびカテゴリ管理を提供するソフトウェア会社です。

Blue Yonder Demand Planning(有料)
ソース: BlueYonder

Luminate Platform を使用するメリット

  1. 「これにより、当社のすべてのスペシャリストがつながり、プロジェクトでのコラボレーションが可能になるのが気に入っています。」
  2. 「これは良いツールだと思います。素晴らしいトレーニングを受ければ、より良い体験を楽しむことができます。」

Luminate Platform を使用する場合の短所

  1. 「開発は遅く、非効率的ですが、目的を果たします。厳しいトレーニングと貧弱で費用のかかるサポート。」
  2. 「需要予測と管理に不可欠です。」
ソース: カプテラ

シャヤ S.

「デザインは悪いが機能性は良い」

「デザインは時代遅れで不格好です。遅くて非効率的に開発されますが、目的を果たします。厳しいトレーニングと貧弱で費用のかかるサポート。更新された設計パラメータを備えたWebバージョンを見たいです。」

ソース: カプテラ

コナー I.

「全体的に優れた製品、時代遅れのインターフェース」

「私はJDAの製品の機能性と、それがモバイルフレンドリーであるという事実が好きです。アソシエイトは自分のtimecsrdを表示し、モバイルアプリから休暇をリクエストすることができます。」

ソース: カプテラ

4. Kinaxis RapidResponse(有料)

キナクシス 企業がサプライチェーン計画を再編成するのを支援しています。 Kinaxis RapidResponseは、データ、プロセス、および人を単一の調和のとれた環境に接続するクラウドベースのサプライチェーン管理ソフトウェアです。 RapidResponseのクラウドベースのサプライチェーンおよびS&OPアプリケーションのコレクションは、ハイテクエレクトロニクス、航空宇宙および防衛、自動車、ライフサイエンス、および産業の組織をサポートします。

RapidResponseのメリット

  1. 「これは、ビジネスの計画に使用できる素晴らしいツールです。多くのカスタマイズ可能なレポートと例外ベースの計画があります。」
  2. 「キナクシスは、世界中のサプライチェーンマネジメントの次世代にとって最高の計画シミュレーションツールです。」

RapidResponseのデメリット

  1. 「アップグレードバージョンを1か月間使用し始めたため、リソースをナビゲートするのに苦労しました。私はそれに慣れるかもしれません。」
  2. 「迅速な対応の管理者にとって、よりユーザーフレンドリーである必要があります。バックエンドからの長いクエリを強制終了する機能が必要ですが、それでも、強制終了するのはアプリケーションのフロントエンドに依存しています。」
ソース: カプテラ

プラサート K.

「キナクシス–迅速かつ正確な分析計画」

「従来の計画システムを使用している場合、ワークフローが完了するまでに9〜11時間近くかかるため、ユーザーはその時間までデータを表示するのを待つ必要があります。しかし、kinaxisに移行した後、ワークフローを完了するのに1時間しかかかりませんでした。ほとんどの計算は、分析エンジンを使用したキナクシスによって実行され、what if Analysisを使用すると、プランナーは複数のシナリオを1つのシナリオと比較できます。」

ソース: カプテラ

バアラジ D.

「キナクシス–迅速な対応–次世代のSCM計画ジャイアントツール!!」

「全体的なRRは柔軟性があり、使いやすいです。プロジェクトマネージャーとして、他のSCMツールとの良好なパフォーマンスが見られ、ユーザーコミュニティがより幸せになります。」

ソース: カプテラ

5. Oracle デマントラ(有料)

Oracleデマントラ は、Oracle が提供する需要管理およびサプライ チェーン管理ツールです。これは、需要予測を供給制限、顧客のコミットメント、在庫数などの要因に対して同時にマッピングする自動化された予測プロセスを可能にするのに役立ちます。

Oracle デマントラ(有償)
ソース: Oracle

Oracle デマントラのメリット

  1. 「シリーズをかなり流動的にピボットする機能。これは、Excelピボットテーブルのフィールドリスト選択ボックスのようなものです。」
  2. 「スプレッドシートの形でより使いやすく、データを簡単にダウンロードおよびアップロードできるツールです。また、高度なサプライチェーン計画や注文管理など、他の Oracle モジュールと統合する機能も組み込まれています。」

Oracleデマントラ使用のデメリット

  1. 「チャイニングとメンバー管理。 NPIおよびその他の関連シナリオでは、ユーザーがこのような複雑なプロセスを実行することは困難です。」
  2. 「一般レベルにロードされた履歴データを考慮して、別の予測プロファイルから予測を生成することができなかったなどの一般レベルの問題。例: エンジン プロファイルの Quantity_Form は、Sales_Data テーブルから取得するのと同じように、General Level データ テーブルからのデータ/列を考慮できるほど柔軟でなければなりません。
ソース: カプテラ

「機能ツール。より多くのカスタマイズオプションと安定性が必要です」

何が一番好きですか?

シリーズをかなり流動的にピボットする能力。 Excel ピボット テーブルのフィールド リスト選択ボックスのようなものです。

何が嫌いですか?

7.3.1.5 を使用。大規模なデータ セットをプルするのは困難です。値をエクスポートして他の場所で操作できるように、表形式のテーブル構造をコンパイルする機能が必要な場合があります。 Oracle の BI を使いたくないということはありませんが、ビジネス セキュリティの制限により、使用が困難になることがあります。レコードが数千行を超え、フィールドが約 10 の場合、実際には非常に苦労し、クラッシュすることがよくあります。また、グラフの機能では、色、形、グラフのカスタマイズ オプションがもう少し必要だったと思います。結局のところ、それは需要を効果的に分類するためのツールであるはずです。

ソース: カプテラ

ひまんしゅ。よ

「HimanshuYadavによるDemantraレビュー」

」1.データを確認するためのユーザーフレンドリーなレイアウト。
2. 組み込み機能により、複数の寸法データを一度に確認できます。
3. 因果要因を追加するための予測技術と柔軟性。
4. ワークシートのグラフィック表示オプション
…」

ソース: カプテラ

6. Logility Solutions(有料)

によってスクブレイン 物流 は、Web ベースの需要予測および在庫最適化ソリューションです。販売履歴を使用して製品の将来の需要を予測し、現在の在庫レベルに基づいて、その需要を満たすために何を購入する必要があるか、またはどの製品が在庫過剰になる可能性があるかを推奨します。 SkuBrain は、中小規模のサプライヤー、ディストリビューター、小売業者向けに、販売および生産予測、在庫最適化、および補充計画を提供します。

Logility Solutions(有料)
ソース: カプテラ

SkuBrainを使うメリット

  1. "使いやすい。学習アルゴリズムは、醸造所が予測される生産を最適化するのに役立ち、ライブ統合または.CSVファイルを介してデータを簡単にプッシュまたはプルできます。無料のシステムとVIPユーザーなどのソースを接続することで、インポートとエクスポートのプロセスで複数のバージョンを保存しなくても、履歴の枯渇を自動的にインポートし、データレビューを合理化できます。」
  2. 「応答性の高いチームとカスタマーサービス。」

RapidResponseのデメリット

  1. 「輸出入管理、出荷および輸送管理なし」
  2. 「対面式のトレーニングはありません」
ソース: カプテラ

スチュアート・J.

"すごい価値"

製品の単純な階層に関する高度に洗練された予測は、大きな価値を意味します。 SkuBrainは使いやすく、シンプルなユーザーインターフェイスを備えています。そして、製品の継続的な進化は、チームが製品の背後にいることを意味し、時間の経過とともに製品からより多くのことを期待できます。」

ソース: カプテラ

7. NetSuite需要計画(有料)

NetSuite Oracle を搭載したソフトウェアです。これは、同時に良い点と悪い点の多くの機能を備えた強力なソフトウェアです。収益前のスタートアップから中小規模の組織まで、急速に成長している企業は、NetSuite を使用してコア プロセスを自動化し、運用と財務のパフォーマンスに関するリアルタイムの洞察を取得します。

NetSuite 需要計画 (有料)
ソース: カプテラ

NetSuiteのメリット

  1. 「ビジネスインテリジェンスとレポートは優れており、ビジネスの成長に合わせてソフトウェアの使用を拡大し、新しい会社を追加するのは簡単です。」
  2. 「すべてを含むワンストップERPシステムは、小規模企業に適し、将来に向けて拡張可能です。レポート/表示機能は素晴らしく、ホームページとパーソナライズされたダッシュボードのリマインダーは良いタッチです。」

NetSuiteのデメリット

  1. 「また、実際の問題を誤って表現する予期しないエラーメッセージやエラーメッセージが多すぎます。これらは私たちに答えをグーグルで検索することを強制します。」
  2. 「実装するのは絶対に悪夢です。複雑すぎてうまく機能しません。最も基本的な拡張さえできるようにするには、開発者である必要があります。独自のシステムをゼロから構築して、高価なNetSuiteの請求書を節約することもできます。コストは莫大であり、長い契約なしにライセンスを調整することはできません。」
ソース: カプテラ

ジョン・F

「お得なクラウドベースのERP–市場で最高のクラウドソリューション」

「全体的に素晴らしい経験。実装にかかる時間は6か月でしたが、4か月で完了する可能性があります。より多くのニーズを満たすようにシステムを構成するまで、さらに長く待機しました。 2013年からサブスクリプションを維持しており、構成の容易さを非常に気に入っており、常に最新バージョンを使用しており、ほとんどの部分で追加コストなしで改善を利用できます。ビジネスインテリジェンスとレポートは優れており、ビジネスの成長に合わせてソフトウェアの使用を拡大し、新しい会社を追加するのは簡単です。」

ソース: カプテラ

ステファニー S.

「NetSuiteを使用しないでください」

「実装は悪夢でした。 Go Liveの間に、彼らは偶然に数十の売り上げを削除することによって私たちに数万ドルを失いました。それのすべての側面はユーザーフレンドリーではなく、広範なコーディング知識を必要とします。中小企業にとっては完全に間違った選択です。」

ソース: カプテラ

8. Relex Solutions(有料)

Relex は 100% リテール指向のソリューションです。これは、小売業者がクラウド ネイティブの小売計画ソリューションで競争力を高めるのに役立ちます。 RELEX は、正確な予測と補充、小売スペースの収益性の高い使用、最適化された従業員計画を使用して、企業がより良い計画を立てるのに役立ちます。

Relex Solutions(有料)
ソース: カプテラ

RELEXを使うメリット

  1. ビジネスへの依存–使いやすさと構成のおかげで–プロセス所有者/スーパーユーザーは、開発者やIT部門に依存することなく、必要な構成を簡単に実行して目的の結果を達成できます。
  2. 使いやすさと柔軟性。ユーザーや会社として自分自身の環境をカスタマイズできることは、非常に価値があり、やや珍しいことです。

RELEXのデメリット

  1. 「RELEXが提示する1つの課題は、プロセス制御、ベストプラクティスを維持し、トレーニング資料を最新の状態に保つために強力なガバナンス構造が必要であるという驚くべき柔軟性によるものです。クラウドベースであるため、リアルタイムシステムではありませんが、複数のフィードとRELEXの消費速度と計算により、それに近いものになっています。」
  2. 「インターフェースは小さなモニター/画面には適していません。クリック/ドラッグしてホームビューを展開できると便利です。また、値が途切れないように列ヘッダーが自動ラップされていると便利です。一度に2つのRELEXインターネットウィンドウを開く機能も非常に役立ちます。ディメンション/パラメータ/指標をアルファベット順に並べ替えると、非常に役立ちます。」
ソース: カプテラ

ブライアン・W

「RELEXチームでの経験は、他のソフトウェア会社とは新鮮に異なっています」

長所:
  1. 望ましい結果を達成するために複数のレベルで構成できるシステムの柔軟性。 drem できれば、構成を調整することで機能を利用できる可能性が高いことがわかりました。
  2. ほとんどのプロセスは、異常値に対処するための例外ベースのアラートで自動化されています。
  3. すべての重要な情報を RELEX にフィードするため、ユーザーがデータを取得するために他のシステムに移動する必要はほとんどありません。
  4. ビッグ データをすばやく消費し、レポートを随時作成するか、スケジュールして他の人に自動送信する機能。
  5. 予測精度は箱から出してすぐに安定しており、例外ベース プロセスによってアイテムが解決され、予測精度は 80% 未満でした。予測をベンダーに送信するのも簡単です。まだ方法を学んでいますが、RELEX からの強力なサポートがあります。
  6. ユーザー インターフェイスも構成可能であり、ユーザーは必要に応じて属性を追加または削除できます。ユーザーが Excel に慣れている場合は特に、ナビゲートが簡単です。
  7. RELEX がデータ フィードと履歴の読み込みに対応できる形式の柔軟性により、IT チームの作業が予想以上に簡単になりました。
  8. ソフトウェアの背後にあるチームは、実装とロールアウト全体でビジネスと IT をサポートしてくれました。
  9. トラックの建設ロジックがうまく機能している (正確なマスターデータが必要)

短所: RELEX が提示する 1 つの課題は、プロセス制御、ベスト プラクティス、およびトレーニング資料を最新の状態に保つための強力なガバナンス構造が必要な驚くべき柔軟性によるものです。クラウドベースであるため、リアルタイムシステムではありませんが、複数のフィードと RELEX の消費と計算の速度により、それは近いです。

ソース: カプテラ

9. Anaplan(有料)

アナプラン は、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くアメリカの計画ソフトウェア会社です。 Anaplan は、クラウドベースのビジネス プランニング ソフトウェアのサブスクリプションを販売し、意思決定のためのデータを提供します。

Anaplanを使用するメリット

  1. 「このソフトウェアは、what-ifシナリオの計画、予測と予算編成、従業員の計画、競合他社のデータの追跡を探している企業に最適です。ビジネスの概要を明確に求めている企業にとって、これは本当にオールインワンの機能を備えています。」
  2. 「UI は確かにスプレッドシートのようなものです。」

Anaplanのデメリット

  1. 初期設定には、多くの学習と時間が必要です。彼らのトレーニング セッションは数日間ですが、それでも追加のフォローアップ作業と実装チームとのコミュニケーションが必要です。
  2. 「グラフとデータの視覚化も、Tableau や Excel に比べてはるかに不足しています。」
ソース: カプテラ

検証済みレビュアー

「Anaplanは大幅な時間の節約になります」

長所: Anaplan以前は、多くのバージョンと反復を必要とするExcelドキュメントを使用していました。私たちはモデルとしてファイナンシャルプランニングから始め、その後、発生した問題に対する他のソリューションに拡大してきました。目標は、Anaplan会議で見た多くのパワーユーザーのように、新しいモデルをこのツールに接続し続けて、すべてのデータを1つのプラットフォームで取得することです。

短所: 初期設定には多くの学習と時間が必要です。彼らのトレーニング セッションは数日間ですが、それでも追加のフォローアップ作業と実装チームとのコミュニケーションが必要です。グラフとデータの視覚化も、Tableau や Excel に比べてはるかに不足しています。

ソース: カプテラ

10. Infor CloudSuite SCP(有料)

Infor CloudSuite サプライチェーン計画 は、企業が需要計画の作成から供給側の対応まで、および詳細な運用対応計画から戦略的事業計画まで、サプライチェーン—全体で計画を作成、管理、コラボレーション、調整できるようにする統合計画プラットフォームです。

Infor CloudSuite Supply Chain Planningを使用しているプロ

  1. 「データをより詳細に調べる機能、より優れた視覚化ツール」
  2. 「製造プロセスの最初から最後までの良好な可視性。請求顧客向けの発注書の処理が簡単」

Infor CloudSuite Supply Chain Planning を使用する場合の短所

  1. 「フォームの確認には少し時間がかかりすぎます。複数の通貨を扱う場合、手作業が多すぎて実行できません。学習曲線は非常に急です。自分で理解できることはたくさんあります。」
  2. 「データ入力エラーを追跡するのは困難です。トレーニングは複雑で、多くの事前データ入力が必要です。」

著者について:

アレックス・コシュルコ博士、GMDH Inc.の共同創設者兼プロダクトオーナーであり、需要予測、在庫計画、最適化で10年以上の経験を持つ主要なサプライチェーン計画の専門家です。