なぜサプライチェーン戦略の適応は完全な回復を保証するのか? ライブウェビナー

トピック。なぜサプライチェーン戦略の適応は完全な回復を保証するのか?

テクノロジーとデジタルトランスフォーメーションによるサプライチェーンの回復力とリバウンド

コロナウイルスのパンデミックは、サプライチェーンの世界に未曾有の課題をもたらし、製造業者を含む小売業者やサプライヤーは、需要の増減や急速に変化する市場環境に直面しています。この危機的な状況下での需要計画の不備は、長期的な事業運営に影響を与え、回復努力を遅らせたり、妨げたりする可能性があります。組織は、完全な回復を確実にするために、自社のサプライチェーンと顧客の需要を予測し、よりよく理解する能力を必要としています。

このウェビナーでは、ビジネスとサプライチェーンの戦略、需要計画、およびこのパンデミックを乗り切るための企業の取り組みにおいてテクノロジーとデジタルトランスフォーメーションがどのように重要な役割を果たすかに焦点を当てました。

アジェンダ

  • 物流・サプライチェーンへのCovidの影響
  • サプライチェーンのレジリエンスとリバウンドの構築
  • ビジネスとサプライチェーン戦略の適応
  • 最新のテクノロジー/イノベーションとデジタルトランスフォーメーションを適用することが必要な理由
  • StreamlineソリューションによるStreamline需要計画プロセス(偏り、矛盾、予測
  • 参考文献

    KPMG、SAS、PWc、ジョン・マナーズベル教授(TiのCEO)、ワールドフォーラム、ガートナーからの出版物

    ご関心いただけそうな方:

    • サプライチェーン・ディレクター
    • サプライチェーン管理者
    • デマンドプランナー
    • 物流管理者
    • マーケティング担当者
    • IT物流のプロフェッショナル

    講演者について:

    フランクリン・セオドラ Natax e-Logistics Inc.の創設者兼CEOであり、キュラソーに位置するB2Bサービスをベースとした会社で、カリブ海とラテンアメリカの企業にソフトウェアソリューション、実装サービス、サポート、トレーニング、土木工学サービス、デジタルフォレンジックサービス、経営課題とサポートを提供しています。

    フランクリンは情報技術の学歴を持ち、情報技術、ロジスティクス・サプライチェーン、土木工学、デジタル・フォレンジックの分野で25年以上の経験を持ち、ビジネス・マネージャー、ITマネージャー、ロジスティクス・マネージャーなどの役職を歴任し、いくつかの国際会議やセミナーで講演を行ってきました。


Excelに時間を奪われていませんか?

GMDH Streamlineなら今日から始められます。

  • 予測・計画・発注の業務効率 2倍
  • 欠品 90-98%減少
  • 過剰在庫 15-50%減少
  • 在庫回転率改善 35%以上
  • ROI 1か月目 100%・1年目 10倍 - 40倍
  • 製造業・流通業・小売業・eコマースの在庫管理実績 30億ドル以上