仕組みを見る

資材所要量計画–StreamlineのMRP

資材所要量計画(MRP)とは何ですか?

必要な材料と、注文がいつ生産に移行できるかを計算するために、MRP プロセスでは、部品表 (BOM)、生産計画、および材料計画に関する情報が考慮されます。資材所要量計画は、完成品の需要予測に基づいて計算されます。

部品表(BOM)とは何ですか?

Streamlineを使用すると、完成品の需要予測と部品表(BoM)に基づいて、資材所要量計画を作成できます。部品表は、原材料、サブアセンブリ、中間アセンブリ、サブコンポーネント、部品、および最終製品の製造に必要なそれぞれの数量のリストです。

Streamlineを使用する利点:

  • 予測・計画・発注の業務効率 2倍
  • 90-98%の在庫切れの削減。
  • 過剰在庫 15-50%減少
  • 在庫回転率改善 35%以上
  • ROI 1か月目 100%・1年目 10倍 - 40倍
  • GMDH Streamlineは、世界中の小売業者、卸売業者、流通業者、製造業者、およびeコマース向けにすでに$50億を超える在庫を管理しています。
ダウンロード Streamline 5.21.1 »

永遠に無料。即座にアクセスできます。
macOSとWindowsで利用できるようになりました。

その他のビデオ:

Excelに時間を奪われていませんか?

Streamlineを無料でお試しください

  • 99 + %在庫の可用性。
  • 最大99%の予測精度。
  • 在庫切れの最大98%削減。
  • 過剰在庫の最大50%削減。
  • 1〜5パーセントポイントのマージンの改善。
  • 1年間で最大56倍のROI。最初の3か月の100%ROI。
  • 予測、計画、および注文に費やす時間を最大90%削減します。