StreamlineでフルビューのQuickBooksを真のMRPツールとして使う方法ライブ・ウェビナー

ウェビナー 真のMRPツールとしてStreamlineでフルビューのQuickBooksを本当に使用する方法 スピーカー ピーターブッチャー

トピック: 真のMRPツールとしてStreamlineでフルビューのQuickBooksを本当に使う方法

日時: 2020年5月27日午後6時PST

それはあまりにも将来のための明確かつ熟考された計画を持っているべきであるので、成功して実行する任意のビジネスのために、現在の唯一の焦点であるべきではありません。容量要件計画は、主に会社が将来の需要を満たせるように生産すべき量を決定するのに使用するプロセスである。1つは損失で絶頂に達することができるので、下でおよび過剰生産は会社の成長に有害である場合もあることを両方理解しなければならない。

スマートな予測と選ばれたビジネスの専門家を介してビジネスを実行するために働いているすべての人にとって、業務プロセスの最適化は重要な焦点となります。このウェビナーでは、運用・ITコンサルタントのピーター・ブッチャー氏が、同社がQuickBooks ERPとStreamlineをMRPツールとして使用して、どのようにプロセスを最適化しているかをライブケーススタディでご紹介します。

ウェビナーでは、次のことについてお話します。

  • 製造業の世界でのQuickBooksの概要と短所
  • 真のMRPツールとしてのStreamlineの紹介
  • 購買のための完全なMRPの詳細を提供
  • 必要に応じてQuickBooksでPOを自動的に作成する
  • 組立ライン/ショップフロアのスケジュールに必要な生産要件の提供
  • 講演者について:

    ピーター・ブッチャー、SSVワークスのオペレーション&ITコンサルタント - 小売、卸売、テクノロジー、製造業などの分野で20年以上の経験を持つサプライチェーンの専門家。国内および国際的な物流と流通の両方で成功を収めてきた経験豊富なリーダー。サプライチェーン全体のコスト削減イニシアチブを推進し、実施することに主眼を置いています。

    言語: 英語

    ミーティングは 自由 と、登録後に誰でも参加できるようになります。

    ご参加はお早めに


    Excelに時間を奪われていませんか?

    GMDH Streamlineなら今日から始められます。

    • 予測・計画・発注の業務効率 2倍
    • 欠品 90-98%減少
    • 過剰在庫 15-50%減少
    • 在庫回転率改善 35%以上
    • ROI 1か月目 100%・1年目 10倍 - 40倍
    • 製造業・流通業・小売業・eコマースの在庫管理実績 30億ドル以上