連絡する

競合するソリューションの中でStreamlineを際立たせる理由


SKU間で注文日を同期する

ERPシステムに組み込まれている最小/最大補充戦略が1つのSKUの購入シグナルをスローしたが、同じサプライヤーの他のSKUがまだ補充を必要としない場合はどうしますか?最小/最大注文シグナルはアイテムごとに送信され、企業はサプライヤごとに発注書を発行します。そのため、アラートを無視して後で不足するか、完全なコンテナを過度に購入します。 ERP手法とは対照的に、Streamlineはサプライヤーごとに購入シグナルを出します。 Streamlineは、離散イベントシミュレーションを介して次の注文サイクル中のすべての購入シグナルを予測し、事前に購入して、一定の注文サイクル、または完全なコンテナの購入(注文サイクルは可変)、またはEOQによるスムーズな購入プロセスを実現します。

数式を離散イベントシミュレーションに置き換える

在庫補充は、次のリードタイム中および場合によってはそれを超える将来の在庫レベルの計算に基づいています。つまり、フォーミュラは、今後の多数の消費および補充イベントを考慮する必要があります。実行可能な場合もありますが、出荷スケジュールなどのイベントスケジュールの処理を開始したり、輸送中の複数の注文を処理したりすると、Excelはほぼ即座に諦めます。

競合他社は通常、イベントを現実的に衝突させることなく計算を簡素化しますが、Streamlineは1日の精度でタイムラインを作成し、すべてのスケジュールをタイムラインに配置します。次に、Streamlineはイベントシーケンスを実行して、会社の在庫レベルに関する最も正確な情報を1日精度で提供します。補充式と比較してより正確な方法である場合もありますが、多くの場合、実際のサプライチェーンの複雑さに対応する唯一の方法です。

AIを使用して需要を予測する

今日では、季節性、価格弾力性、またはトップダウン予測を推定するだけでは不十分です。市場は非常に動的に変化し、販売履歴が現在の状況に十分に関連していて、将来を推定するために使用できるかどうかを予測することは困難です。これは、独自のIAを使用する領域であるため、AIが適用するのが適切であると判断した場合にのみ、時系列予測手法、予測子、レベル変更を適用します。これは、毎日すべてのSKUを監視している場合と同じです。

グループEOQ

仕事でEOQを使用していますか?そうでない場合は、この在庫計画の概念によって保有コストと注文コストが大幅に削減されるため、EOQを詳しく調べる価値があります。残念ながら、従来のEOQは、SKUのグループではなく、SKUごとに計算されます。実際のサプライチェーンでは、発注書には数百ではないにしても複数のSKUが含まれています。 Streamlineは従来のEOQ計算をサポートしますが、従来のアプローチをはるかに超えるグループEOQも提供するため、EOQは複数のSKUを含む注文に適用できます。

これは、Streamlineがアイテムのグループの注文日を同期する機能のおかげで可能になります。次に、Streamlineは、同期の障壁を前後に移動して、SKUのグループに最適な注文サイクルを見つけ、保持コストと注文コストの組み合わせを自動的に最小化します。

お客様の企業データで、GMDH Streamlineを検証しませんか? 最新版をダウンロード後、すぐに検証できます。

Streamline»をダウンロード

クレジットカードは必要ありません。
macOSとWindowsで利用できるようになりました。

追加トピック:

Excelに時間を奪われていませんか?

GMDH Streamlineなら今日から始められます。

  • 予測・計画・発注の業務効率 2倍
  • 90-98%の在庫切れの削減。
  • 過剰在庫 15-50%減少
  • 在庫回転率改善 35%以上
  • ROI 1か月目 100%・1年目 10倍 - 40倍
  • GMDH Streamlineは、世界中の小売業者、卸売業者、流通業者、製造業者、およびeコマース向けにすでに$50億を超える在庫を管理しています。