仕組みを見る

GMDH Streamlineが製薬業界にて材料在庫を40-50%削減した方法


主な結果:

  • 4から6か月間で材料在庫削減の機会が40%から50%
  • KPIダッシュボードにて欠品と過剰在庫の可視化
  • KPIダッシュボードを使用することにより、在庫超過と在庫切れの完全な可視性が達成されました
  • ベストプラクティスを達成すべく、すべてのバイヤー向けにプロセスの標準化

会社情報

Logyt社は、GMDHの実装パートナーの1社です。Logyt社は、クライアントと協力しながら、実用的で柔軟かつ持続可能なソリューションを提供し、ビジネスのバリューチェーンの最適化と展開と運用ができる戦略的パートナーでもあります。

「Logyt社は非常に優秀で、さらにプロジェクトの成功を支える高い倫理観があります。」 サプライチェーン担当ディレクター某氏の言葉。

挑戦

複雑な供給計画プロセスと過剰在庫の課題

Logyt社のクライアントである製薬業界は、複雑な供給計画プロセスと過剰在庫の課題に直面していました。供給計画プロセスは、ForecastProで作成された予測から計画が始まり、バイヤーがExcelファイルを編集することで、その計画が実行されます。Excelファイルは標準化されておらず、予想発注数量はバイヤーの経験や勘に左右されます。Logyt社は、このプロセスに過剰在庫の原因を特定しました。中期戦略としてはSAPの計画モジュール導入がありましたが、過剰在庫が緊急の課題でした。

導入プロジェクト

ソリューション提案は、供給計画プロセス(MPS、MRP)の完全な再設計とパイロットテストプロジェクトの実施の2つでした。パイロットプロジェクトには、委託製造業者の選定と移行ツールが求められました。この移行ツールには、プロセスの標準化とベストプラクティスに沿った調整が必要で、Excel内で実装可能またはGMDH Streamlineに特化して実装できることも条件でした。Logyt社は、GMDH Streamlineに特化したツールを採用しました。プロジェクトの実装には、2019年10月から2020年3月までの5か月を要しました。

「サプライチェーンディレクターのために開発されたMRPのある良い仕事だった」 某社CFOの某氏の言葉。

合理化-製薬-ケーススタディ

結果

「Logyt社の優れたチームは、経験豊富なメンバーと若く情熱的なメンバーの混成チームでした。」 某社の重要ユーザーの言葉。

供給計画プロセスの再設計と既存の商用ツールであるGMDH Streamlineへの実装は、次のような結果となりました。

  • 顧客サービスレベルの改善または維持しながら、4から6か月間の40%から50%の材料在庫削減機会がありました。
  • ベストプラクティスに向けて、すべてのバイヤーを対象にしたプロセスの標準化できました。
  • 残る委託製造業者と共同で、供給計画プロセスと移行ツールの共有または横展開できました。最終的にはグローバルレベルに拡大予定です。
  • KPIをツール上で統合できました。このツールは、過剰在庫や欠品の可視化や、在庫適正化計画に必要な修正など、多くの機能を備えています。
  • ForecastProの機能をGMDH Streamlineに置き換えができました。さらに、1つのツールで、需要計画と供給計画の立案ができるようになりました。
  • 企業のEPR(SAP)を代表例とする他システムからGMDH Streamlineへデータを直接送信できるようになりました。

お客様の企業データで、GMDH Streamlineを検証しませんか? 最新版をダウンロード後、すぐに検証できます。

Streamline»をダウンロード

macOSとWindowsで利用できるようになりました。

追加トピック:

Excelに時間を奪われていませんか?

Streamlineを無料でお試しください

  • 99 + %在庫の可用性。
  • 最大99%の予測精度。
  • 在庫切れの最大98%削減。
  • 過剰在庫の最大50%削減。
  • 1〜5パーセントポイントのマージンの改善。
  • 1年間で最大56倍のROI。最初の3か月の100%ROI。
  • 予測、計画、および注文に費やす時間を最大90%削減します。