User Tools

Site Tools


Menu

GMDH LLCのウエブサイトに戻る

ビデオ チュートリアル

ユーザーガイド

1. 一般的な情報

2. スタートアップ

3. データ接続

4. 需要予測と販売予測

5. 在庫計画

6. 参照

ja:analysing-expected-stockouts-and-overstocks

5.5. 期待欠品と期待過剰在庫の分析

GMDH Streamlineは、迫りつつある欠品や過剰在庫の状況を識別し、予期される機会損失や数量超過を推定できます。数量不足や数量超過は立案された予測に基づき決定されるため、起こりうる可能性があるとして、期待欠品や期待過剰在庫として計算されます。

さらに、 品目収支評価額または購入価格に基づき、期待変動価格を計算します。

この文章では、下記を説明します。:

欠品と過剰在庫の規則

通常は、将来の品目について次の3つの状況を想定できます。1) 欠品が発生する。 2) 過剰在庫が発生する。 3) 欠品と過剰在庫が発生しない。

GMDH Streamlineは、品目を上記の3状況に分類します。分類規則を説明するために、次の表記を導入します。

  • D(LT) – リードタイム(LT:Lead Time)期間中の予測需要(D: Demand)
  • D(OC) – リードタイム期間後に続くオーダーサイクル(OC: Order Cycle)期間中の予測需要(D: Demand)
  • SS(OC) – リードタイム期間後に続くオーダーサイクル(OC: Order Cycle)期間中の安全在庫(SS: Safety Stock)
  • InTrn(LT) – リードタイム(LT:Lead Time)期間中に到着予定の積送中数量(InTrn: In Transition)
  • InTrn(LT+OC) – リードタイム(LT:Lead Time)期間とオーダーサイクル(OC: Order Cycle)期間を合計した期間中に到着予定の積送中数量(InTrn: In Transition)
  • PndSales(LT) – リードタイム(LT:Lead Time)期間中に顧客へ出荷予定の受注残数量(PndSales: Pending Sales Order)
  • PndSales(LT+OC) - リードタイム(LT:Lead Time)期間とオーダーサイクル(OC: Order Cycle)期間を合計した期間中に顧客へ出荷予定の受注残数量(PndSales: Pending Sales Order)

これに加えて、GMDH Streamlineでは在庫の過不足を簡単に見分けられるように、在庫レポートに特別な色分けを実装しています。

規則と色分けを説明には、在庫レポートの需要予測購入計画のセクションの表示が必要です。在庫レポートタブの設定に進み、下記の図で表示されているオプションにチェックを入れ、セクションを表示します。

プロジェクト例を利用しながら、さらに進めていきます。

欠品

GMDH Streamlineは、次の状況の成立時に欠品と判定します。

D(LT) > On hand + InTrn(LT)PndSales(LT) (1)

品目H1010を考えます。数式(1)がどのように計算されるか考えるとき、私たちは事前に、手持ち在庫数量と積送在庫数量がそれぞれ上書きしています(下記の図を参照)1)

この場合、不等式 (1) が成立します。:

25 > 10 + 10 - 0

欠品数量はレポートの欠品列に表示されています。私たちの例では欠品5単位です。

GMDH Streamlineは、欠品を計算するときには、安全在庫を考慮しません。

在庫レポートにて、欠品品目は次のように表示されます(上記の図を参照)。:

  • 手持ち在庫欠品列の対応セル背景色を赤にします。
  • 手持ち在庫 + InTrn(LT)PndSales(LT)数量が需要を満たせない将来の期間を、需要予測セクションで背景色を赤にします。

これまで見てきたように、ここでは現在の推奨オーダーがあります。GMDH Streamlineは、2月12単位の需要を満たすために、1月の初日までに、50単位のオーダーを推奨しています。最小ロットの50単位のため、過剰オーダーがあります。

過剰在庫

GMDH Streamlineは、次の状況の成立時に過剰在庫と判定します。

On hand + InTrn(LT+OC)PndSales(LT+OC) > D(LT) + D(OC) + SS(OC) (2)

品目 L2010を考えます(下記の図を参照)。

この場合、不等式 (2) が成立します。:

50 + 10 - 0 > 11 + 12 + 1

過剰在庫数量はレポートの過剰在庫列に表示されています。私たちの例では過剰在庫36単位です。

在庫レポートにて、過剰在庫品目は次のように表示されます(上記の図を参照)。:

  • 手持ち在庫過剰在庫列の対応セル背景色を濃い緑にします。
  • 手持ち在庫 + InTrn(LT+OC)PndSales(LT+OC)の数量が需要を満みたす将来の期間は、需要予測セクションにて背景色を薄い緑にします。

これまで見てきたように、過剰在庫が発生すると、推奨オーダーはありません。

欠品と過剰在庫が発生しない

この状態は理想的であり、GMDH Streamlineはこの状態へ導くように設計されています。この場合

D(LT)On hand + InTrn(LT)PndSales(LT), (3)

On hand + InTrn(LT+OC)PndSales(LT+OC)D(LT) + D(OC) + SS(OC). (4)

Let’s consider the item C1020 (see figure below).

品目 C1020を考えます(下記の図を参照)2)

この場合、2つの不等式がともに成り立ちます。:

100 ≤ 120 + 0 - 10,

120 + 0 - 10 ≤ 100 + 63 + 3.

在庫レポートにて、これらの品目は次のように表示されます(上記の図を参照)。:

  • 手持ち在庫列の対応セル背景色を薄い緑にします。
  • 需要予測セクション内のリードタイムは、背景色を薄い緑にします。
  • 欠品列と過剰在庫列の対応セル値は0となり、背景色は設定されません。

この場合、D(LT)1月の需要を満たしますが、D(LT)2月の需要を満たすほど十分な在庫がありません。このため、(100 + 63 + 3 – (120 + 0 - 10))より計算される)56単位のオーダーが推奨されます。

欠品と過剰在庫の閲覧

欠品と過剰在庫は、単一の品目基準、またはすべての品目基準の両方で閲覧できます。

次の手順に従い、単一の品目基準で欠品と過剰在庫を閲覧します。:

  1. 品目 ビューに進みます。
  2. ツリー ビューから品目を選択します。
  3. パネルから在庫タブを選択し、プロパティリストをスクロールします(下記の図を参照)。

次の手順に従い、在庫レポートタブにて、すべての品目基準で欠品と過剰在庫を1つのレポートで閲覧します(下記の図を参照)。

欠品または過剰在庫がある品目をテーブルの先頭に表示したい場合、対応する欠品または過剰在庫列のヘッダ部分をクリックしてテーブルをソートします(下記の図を参照)。

基本的には、在庫レポートはすべての列で昇順と降順のソートできます。

欠品と過剰在庫の価値を基礎とする品目の分析

期待欠品在庫金額や期待過剰在庫金額から品目の分析できます。この計算には、品目収支評価額または品目購入単価のインポートが必要です。2つをインポートした場合、品目収支評価額が優先されます。計算の詳細は、KPIレポートを参照してください。

1つのレポートからすべての品目の期待欠品在庫金額と期待過剰在庫金額の閲覧ができます。

次の手順に従い、単一の品目基準で、期待欠品在庫金額と期待過剰在庫金額を閲覧します。:

  1. 品目 ビューを選択します。
  2. ツリー ビューから品目を選択します。
  3. パネルからKPIタブを選択します(下記の図を参照)。

表示されたツリー内のどの階層からでも、変動価格を確認できます。

次の手順に従い、すべての品目基準で、期待欠品在庫金額と期待過剰在庫金額を1つのレポートから閲覧します(下記の図を参照)

期待過剰在庫金額または期待欠品在庫金額列ヘッダをクリックすることで、それぞれの列の昇順や降順でソートできます。

一覧 ビューツールバーにあるレポートのエクスポートボタンをクリックして、このレポートをExcelにエクスポートできます(下記の図を参照)。


次へ: 購入オーダーの作成

PDFダウンロード

1)
翻訳者注釈: 手持ち在庫と積送在庫を10に設定します。
2)
翻訳者注釈: 1月の需要予測を100単位に調整しています。
ja/analysing-expected-stockouts-and-overstocks.txt · Last modified: 2019/03/22 16:46 (external edit)