User Tools

Site Tools


Menu

GMDH LLCのウエブサイトに戻る

ビデオ チュートリアル

ユーザーガイド

1. 一般的な情報

2. スタートアップ

3. データ接続

4. 需要予測と販売予測

5. 在庫計画

6. 参照

ja:historical-data-corrections

4.5.4. 履歴データ修正

GMDH Streamlineでは、インポートした販売履歴、手持ち在庫履歴、欠品日数履歴を修正できます。予測前に事前に修正すべき異常データがある場合、特に役に立つ機能です。

履歴データは、ツリー ビューの最下層で変更できます。元の数値に戻す場合、修正値を空欄にします。変更後の値はすべて青文字で表示されます。予測ボタンをクリックしからプロジェクトの再予測して、修正値を予測に適用します。

販売履歴修正

次の手順に従い、販売履歴を修正します。:

  1. 品目 ビュータブを選択します。
  2. ツリー ビューから対象ノードを選択します。
  3. テーブル ビュー販売実績行の黄色いセルをクリックします。
  4. 新しい値を入力し、Enterを入力します。

修正が行われると:

  • ツリー ビューの選択ノードとテーブル ビューの修正値が青文字で表示されます。
  • プロット ビューが更新されます。

手持ち在庫履歴修正

次の手順に従い、手持ち在庫履歴を修正します。:

  1. 品目 ビュータブを選択します。
  2. ツリー ビューから対象ノードを選択します。
  3. テーブル ビュー手持ち在庫行の黄色いセルをクリックします。
  4. 新しい値を入力し、Enterを入力します。

欠品日数履歴修正

取引データをインポート後、GMDH Streamlineは欠品日数パラメータを自動的に計算します。この指標は、期間中の欠品日数を表しています。計算された欠品日数が実際と異なる場合、これらを修正することで、予測時のモデルをより良く評価できます。その理由は、設定された欠品日数から期間内の需要が再計算され、モデル構築時に販売データの重みづけが変更されるためです。

次の手順に従い、欠品日数履歴を修正します。:

  1. 品目 ビュータブを選択します。
  2. ツリー ビューから対象ノードを選択します。
  3. テーブル ビュー欠品日数行の黄色いセルをクリックします。
  4. 新しい値を入力し、Enterを入力します。


次へ: 機会損失の考慮

PDFダウンロード

ja/historical-data-corrections.txt · Last modified: 2019/03/22 16:46 (external edit)