User Tools

Site Tools


Menu

GMDH LLCのウエブサイトに戻る

ビデオ チュートリアル

ユーザーガイド

1. 一般的な情報

2. スタートアップ

3. データ接続

4. 需要予測と販売予測

5. 在庫計画

6. 参照

ja:configuring-the-inventory-parameters

5.2. 補充パラメータの設定

この文章では、以下を説明します。:

補充パラメータ

補充パラメータは、GMDH Streamlineにて計算される補充計画に影響をコントロールします。言い換えると、これらは補充計画の計算処理の入力になります。補充パラメータは、次の3つに分類できます。

  • 基礎パラメータ。これらパラメータはどの業務でも常に明確であり、在庫計画前に常に調整が必要です。
  • 未完了オーダー情報。これらのデータの存在は、販売オーダーや購入オーダーの現在の状況に依存しています。これらパラメータが利用可能の場合、設定を強くお勧めします。
  • 制約。これらのパラメータは、最小ロットや最大ロットや丸めなどの購入オーダーの数量制約を考慮します。

次の一覧表にて、補充パラメータの説明と要件とデフォルト 値を紹介します。

パラメータ 説明 設定 フォーマット デフォルト 値
基礎パラメータ
予測期間 補充計画を立案したい将来の期間数。データ集計期間 整数 12
補充方式 補充プロセスを決める方法。ミニマックス方式定期方式の2つがあります。 定期方式
安全在庫期間 需要が安全在庫として利用される将来の期間データ集計期間 整数または分数 (例: 1.5) 1.0
サービス率 品目が在庫となっている時間(長期間)の割合パーセント 整数 98%
リードタイム 購入先リードタイム 日数 30
オーダーサイクル 購入先へオーダーする頻度 データ集計期間または日数またはリードタイム 1 データ集計期間
保存期限 貯蔵品として存在可能な期待時間。データ集計期間
保存期限超過 購入数量の中で、処分セールや購入先に返品などをしなければならないかもしれない割合パーセント 保存期限が設定された場合5%
手持ち在庫 現在の在庫数量 0
未完了オーダー情報
積送在庫 購入先からの現在の積送在庫数量 整数 0
予定日 購入先から品目の期待される配達日 日付フォーマット 予測期間の初日
受注残 未完了販売オーダーの品目数量 整数 0
制約
最小ロット 購入先へオーダーできる最小数量 整数 0
最大ロット 購入先へオーダーできる最大数量 0
丸め オーダー数量の丸め制約。段ボールの梱包数量を考慮し、必要数量から購入数量を作成します。 0

オプションとして、組み込み方法を利用し安全在庫を上書できます。上書きには、パラメータのエクスポート/インポートのシナリオを利用します。この場合、上書き値を補充計画の計算の入力に利用します。

保存期限保存期限超過の2つのパラメータは、保存期限を持つ品目の計画時に必要となります。

保存期限パラメータが品目に設定された場合、安全在庫計算は、サービス率や安全在庫期間パラメータから計算されません。代わりに、保存期限超過が、作用します。

日付フォーマット

予定日の日付フォーマットは、GMDH Streamlineのインポート方法に依存します。Excelファイルから予定日をインポートする場合、GMDH StreamlineはExcel標準の日付を正しく解釈します。CSVファイルから予定日をインポートする場合、次のうちどれか1つのフォーマットが必要です。:

  • dd.mm.yy
  • m/d/yy
  • yyyy/mm/dd
  • yyyy-mm-dd
  • yyyy_mm_dd
  • yyyymmdd
予定日が設定されない場合、GMDH Streamlineは積送在庫を最初の予測期間の開始時点に到着すると判断します。したがって中間時点の期間予測を利用した場合、積送在庫の数量は手持ち在庫に加算され、この結果が現在の期間に対する予測と在庫計画の立案に利用されます。

リードタイムオーダーサイクルサービス率が設定されない場合、在庫レポート設定からデフォルト 値がロードされます。

制約にて0値(数字の0)が設定された場合、制約がないと解釈されます。

補充パラメータ設定方法

パラメータ設定方法が4つあります。:

データソースが、インポートデータの起点になります。データソースは、CSVファイルまたはExcelファイルまたはデータベースまたはサードパーティシステムになります。

上記の最初の3つの方法は、最も詳細な階層、つまり各品目コード地点の組み合わせである、計画品目に補充パラメータを設定できます。設定の変更は、インポートした品目に一括して適用されます。

次の一覧表にて、パラメータとその変更方法を紹介します。

データソースからの
インポート/再インポート
パラメータのエクスポート/インポートのシナリオ 設定
補充方式
安全在庫期間
サービス率
リードタイム
オーダーサイクル
保存期限
保存期限超過
手持ち在庫
未完了オーダー情報
制約

データベース 接続を利用するデータソースに限り、安全在庫期間のインポートまたは再インポート機能があります。

ツールバーにある予測期間コントロールを利用し、計画期間を設定します。

在庫計画時には、予測期間パラメータには制限があります。予測期間は、最長のリードタイムと最長のオーダーサイクルの合計以上が必要です。例えば、最長のリードタイム2か月であり、最長のオーダーサイクル3か月の場合、予測期間5か月以上が必要です。

設定優先順位

上記で説明した4つの方法にてパラメータに値を設定するときに、優先順位があります。優先順位は次のようになります(最下位の優先度から説明します。):

  1. パラメータの値が設定されない場合、設定にあるデフォルト 値が利用されます。デフォルトの優先順位は、最下位です。これらは在庫レポートで灰色の文字で表示されます(下記の図を参照)。
  2. インポートされたパラメータまたはデータソースから再インポートインポートされたパラメータは、デフォルトを上書きします。これらは在庫レポートで黒色の文字で表示されます(下記の図を参照)。
  3. パラメータのエクスポート/インポートのシナリオを利用し、特定のExcelファイルからインポートした上書きパラメータの優先順位は、最上位です。 これらは在庫レポートで青文字で表示されます(下記の図を参照)。

補充パラメータの再インポート

在庫データを最初にインポートするとき、GMDH Streamlineはプロジェクトファイルとデータソースの間にリンクを作成します。データ更新ボタンのクリック時、作成済みリンクが利用され、プロジェクトファイルはデータソースと同期します。通常は、販売履歴期間を追加しプロジェクトの補充パラメータを更新します。

データ更新ボタンを利用した補充パラメータの更新方法を紹介します。

最初に、スプレッドシート 接続を利用しExcelファイルからプロジェクトを作成します。データを正しく認識させるには、データ列の関連付けが重要です(下記の図を参照)。

予測ボタンをクリックし、補充計画を立案します。在庫レポートタブを選択し、予測を確認します。デフォルトでは、補充計画は今回のオーダーセクションに表示されています。ここでは、手持ち在庫リードタイムオーダーサイクルを例とする補充パラメータを確認できます(下記の図を参照)。

次の手順に従い、補充パラメータを変更します。:

1. データソースにて必須パラメータを変更します。私たちの例では、Excelファイルを開き、品目のC1020を選択後リードタイム30日から60日に変更し、ファイルを保存します(下記の図を参照)。

2. データ更新ボタンをクリックし、変更を読み込みます(下記の図を参照)。

リードタイム 列が更新されました。新しいデータを読み込んだ時点で、今回のオーダー列の数量列(そして補充計画も)が自動的に再計算されます。

データ更新ボタンクリック後、在庫レポートのすべてのパラメータが、更新されるとは限りません。更新されないパラメータには、手持ち在庫積送在庫受注残パラメータがあります1)。3つのパラメータは、予測モデルとリンクしているため、予測ボタンをクリック後の在庫レポート再計算時に更新されます。このように、予測ボタンをクリック時、適用すべき忠告がタブの上側に背景が黄色のタブに表示されます(上記の図を参照)。

3. (手持ち在庫または積送在庫または受注残パラメータをインポートする必要がある場合)予測ボタンをクリックし、変更を適用します。

パラメータのエクスポート/インポートのシナリオ

次の手順に従い、補充パラメータを上書きでインポートします。:

1. 在庫レポートタブを選択します。

2. ツールバーにあるパラメータのエクスポートボタンをクリックし、パラメータをエクスポートします(下記の図を参照)。GMDH StreamlineパラメータがエクスポートされたExcelファイルを作成し、自動で開きます。

3. 新規作成されたExcelファイルのパラメータを編集し、保存します(下記の図を参照)。

4. GMDH Streamlineにあるパラメータのインポートボタンをクリックします。手順2で作成されたExcelファイルを自動で読み込まれます(下記の図を参照)。

インポートされた変更は、青文字で表示されます。インポート直後、在庫レポート結果が自動で再計算されます。

次の手順に従い、他のファイルからパラメータをインポートします。:

1. パラメータのインポートボタンの近くにある小さい矢印をクリックします(下記の図を参照)。

2. ファイル選択…オプションを選択します(下記の図を参照)。

3. ファイルを選択し、開くボタンをクリックします。

補充パラメータの設定

これまで見てきたように、補充パラメータの設定方法は複数ありました。このセクションでは、補充パラメータの説明と在庫計画時の典型的なパラメータ設定方法を説明します。

次の一覧表にて、補充パラメータと一般的な設定方法を紹介します。

設定方法 補充パラメータ
データソースからインポート リードタイムオーダーサイクル手持ち在庫未完了オーダーパラメータ制約
プログラム設定を利用して設定 補充方式安全在庫
パラメータのエクスポート/インポートのシナリオ サービス率(任意)と安全在庫期間(任意)
データソースのインポート直後は、補充パラメータが在庫レポートタブに表示されない場合があります。この場合、予測ボタンをクリックします2)

サービス率安全在庫期間パラメータは、安全在庫の計算に利用します。これらのパラメータはデフォルト値(サービス率 = 98% と 安全在庫期間 = 1 データ集計期間)があり、デフォルト値はすべての計画品目に一括で適用されます。しかし、さまざまな要因に基づき、各計画品目のサービス率と安全在庫期間を個別に設定できます。このセクションでは、次を説明します。:

パラメータの一括変更

GMDH Streamlineにある設定を利用して、最上位であるインポートしたすべての品目レベルに適用できるパラメータを設定できます。対称的に、パラメータのエクスポート/インポートのシナリオでは、最下位である計画品目レベルのパラメータを修正できます。一方で、品目のグループについて同じパラメータを設定する必要もあります。購入先コードに基づくリードタイムパラメータが例として挙げられます。

下記の例では、パラメータのエクスポート/インポートのシナリオを利用した購入先に基づくリードタイムパラメータの設定方法を、数回の手順で紹介します。GMDH Streamlineにインポートした追加列を利用して、パラメータを一括変更できます。

1. 最初に品目をグループ化できる列をインポートします。私たちの例では、購入先列がこれに相当します。

購入先が決まれば、品目のリードタイムが一意に決まると仮定します。購入先データは、スプレッドシート 接続からインポートします。データ接続の主な手順は、列の関連付けであり、特に重要な列が購入先列です。関連付けをするときには、GMDH Streamlineに事前に用意された意味づけを利用します。適切な意味を見つけられなかった場合、– 私たちの例でも – 品目情報フィールド オプションを利用します(下記の図を参照)。

2. 在庫レポートタブを選択し、予測ボタンをクリックして、インポートした補充パラメータをテーブルに表示させます。

3. 品目を購入先別にグループ化するため、購入先列のヘッダをクリックします(下記の図を参照)。

4. パラメータのエクスポートボタンをクリックして、パラメータをエクスポートします。補充パラメータとインポートした追加列(私たちの例では、購入先列)が設定されたExcelファイルが作成され、自動で表示されます。

5. 各グループのパラメータを通常の方法にて設定し、設定内容を保存します(下記の図を参照)。

6. GMDH Streamlineにあるパラメータのインポートボタンをクリックし、上書き値をインポートします。

ABC分析に基づくサービス率の設定

安全在庫は、サービス率から決定されます。デフォルトでは、サービス率を98%にしています。デフォルト 値は、プロジェクト内のすべての品目を一括で設定されます。しかし伝統的には、サービス率はABC分析に基づいて設定されるため、各品目クラスには個別のサービス率が設定されます。

GMDH Streamlineは、様々な基準でABC分析を実行できます。品目販売価格をインポートした場合、デフォルトで売上を基礎とするABC分析が実行されます。

プロジェクト例を使いながら説明します。

次の手順に従い、ABC分析の結果からサービス率を設定します。:

1. 品目 ビュータブへ進み、ツリー ビューにあるツリー表示の上側のABC分析オプションをクリックします3)

2. 在庫レポートタブへ進み、ABC分析列のヘッダ部分をクリックしてテーブルをソートします(下記の図を参照)。

3. パラメータのエクスポートボタンをクリックし、補充パラメータをエクスポートします。GMDH Streamlineは、すべてのパラメータが保存されたExcelファイル作成し自動で表示します。

プロジェクトの作成後1回も保存されていない場合、このファイルは、次の場所に自動的に保存されます。C:\Users\User\Documents\GMDH Streamline (Cはシステムディスクで、UserはWindowsユーザー名です。)4)。プロジェクトが保存されていれば、このファイルはプロジェクトの保存フォルダに保存されます。
積送在庫予定日受注残パラメータは、Excelファイルにはエクスポートされません。これらのパラメータは、重要かつ頻繁に変更されるためです。Excelファイルに保存された補充パラメータからインポートされた値で、これらのパラメータを誤って上書きしないように設計しています。

4. 各クラスにサービス率を設定し、作業内容を保存します(下記の図を参照)。

5. パラメータのインポートボタンをクリックして上書きしたい値をインポートします(下記の図を参照)5)

上書きされたすべての値は、青文字で表示されます。レポート内の安全在庫列は、変更をインポートしたのちに、即座に再計算されます。

粗利に基づく安全在庫期間の設定

GMDH Streamlineでは、サービス率ではなく、安全在庫期間から安全在庫を決定できます。この場合、設定された将来の期間数の需要を安全在庫とします。将来の期間数は、安全在庫期間パラメータになります。この方法は、古典的な安全在庫設定方法があまり信用できないと考えている場合に代替案になります。

さらに詳しく説明すると、安全在庫期間は(リードタイムオーダーサイクルの合計期間の経過後の)将来の期間数であり、この需要量が安全在庫として確保されます。例えば、リードタイムが30日、オーダーサイクルが2か月、安全在庫期間が2の場合、安全在庫は4月と5月の需要の合計値として計算されます(下記の図を参照)。

デフォルトでは、安全在庫期間は、1 データ集計期間が設定されます。プロジェクト内のすべての品目に一括で適用されます。デフォルト 値を使わず、サービス率で紹介した同じ方法に従い、ABC分析の結果やリードタイムやエクスポートされた補充パラメータのテーブルの他の列に基づいて設定もできます。これに加えて、インポート済みの補助的な指標からも設定もできます。利用する基準やKPIは、計画担当者次第です。

次の手順に従い、KPIの1つである粗利益率から安全在庫期間を設定します6)。:

1. 一覧 ビューに進み、KPIレポートを選択します(下記の図を参照)7)

2. 品目コード列のヘッダ部分をクリックし、品目にてテーブルをソートします(下記の図を参照)。

3. レポートのエクスポートボタンをクリックして、レポートをエクスポートします。

4. 在庫レポートタブに進み、テーブルを品目にてソートします。(下記の図を参照)

5. パラメータのエクスポートボタンをクリックして、補充パラメータをエクスポートします。

6. エクスポートしたKPIレポートから粗利益率列をコピーし、エクスポートした補充パラメータテーブルに貼り付けます(下記の図を参照)。

7. 粗利益率列にて貼り付けた後のテーブルをソートします。

7.1 粗利益率列のどこかをクリックします。

7.2 リボンのデータタブをクリックし、降順ボタンをクリックします(下記の図を参照)。

8. 粗利益率列を基準に、安全在庫期間列を設定します。

9. パラメータのインポートボタンをクリックして、安全在庫期間をGMDH Streamlineにインポートします。(下記の図を参照)

安全在庫期間をインポートすると、安全在庫と購入計画が自動で再計算されます。


次へ: 購入計画立案

PDFダウンロード

1)
翻訳者注釈: これらだけに限定できません。
2)
翻訳者注釈: 原文では説明内容が不明確のため、大幅に変更しました。
3)
翻訳者注釈: この操作が、在庫レポートにABC分析の結果を表示します。
4)
翻訳者注釈: 1回も保存されていないプロジェクトを2つ以上同時に編集していると、1つしか保存されないため、注意が必要です。
5)
翻訳者注釈: プログラム設定 ダイアログの在庫タブにて安全在庫設定にチェックが必要です。
6)
翻訳者注釈: このプロジェクトでは、品目コードの重複がありません。地点やチャネルを利用している場合、品目コードの重複を考慮するために、より厳密な方法が必要です。
7)
翻訳者注釈: プロジェクトの設定により、安全在庫期間が表示されない場合があります。
ja/configuring-the-inventory-parameters.txt · Last modified: 2019/03/22 16:46 (external edit)