User Tools

Site Tools


Menu

GMDH LLCのウエブサイトに戻る

ビデオ チュートリアル

ユーザーガイド

1. 一般的な情報

2. スタートアップ

3. データ接続

4. 需要予測と販売予測

5. 在庫計画

6. 参照

ja:command-line

6.12. コマンドライン

GMDH Streamlineのコマンドラインの利用はオプションであり、バックグラウンドでの自動で高速な実行のため、特定の作業を事前に設定することもできます。コマンドラインの実行は、時間的なコストを最小に抑え、それぞれの作業量を減らします。

自動実行したい必要な機能を連続して記述したバッチファイルを作成して、特定の時間に自動実行させることもできます。バッチファイルには、Streamline.exeへのパスとプロジェクトファイルへのパスを記述が必要です。

現在利用できるコマンドの一覧を掲載します。:

/forecast基本的には予測ボタンのクリックと同じです。
/full_updateすべての期間のデータを再度インポートします。
/update最近2期間のデータに限定しデータを再度インポートします。
/save他のユーザーがプロジェクトファイルを利用中でも(ロックファイルを無視して)プロジェクトファイルの保存します。
/dc_export_orders物流センター レポートの購入オーダーをユーザーのデータベースにエクスポートします。
/dc_export_report物流センター レポートをユーザーのデータベースにエクスポートします。
/ir_export_orders在庫レポートの購入オーダーをユーザーのデータベースにエクスポートします。
/ir_export_report在庫レポートをユーザーのデータベースにエクスポートします。

在庫計画用ワークフロー
“GMDH Streamline.exe” C:\Project\file.gsl /update /forecast /save

管理職用ワークフロー
“GMDH Streamline.exe” C:\Project\file.gsl /dc_export_report /ir_export_report


次へ: 更新履歴

PDFダウンロード

ja/command-line.txt · Last modified: 2019/03/22 16:46 (external edit)