User Tools

Site Tools


Menu

GMDH LLCのウエブサイトに戻る

ビデオ チュートリアル

ユーザーガイド

1. 一般的な情報

2. スタートアップ

3. データ接続

4. 需要予測と販売予測

5. 在庫計画

6. 参照

ja:viewing-purchase-plan-and-projected-inventory-levels

5.4. 購入計画と予測在庫水準の閲覧

購入計画と予測在庫水準は、複数の基準で表示されます。単一品目を基準にする場合、品目 ビュータブにてこれらを表示し、すべての計画品目を基準にする場合、在庫レポートタブにてこれらを1レポートで表示します。

品目基準の閲覧

品目 ビュータブにてツリー ビューから対象オプションを選択し、品目別や地点別やチャネル別の購入計画と予測在庫水準を確認できます。この例では、地点とチャネルが両方ともインポートされていないため、ツリーの下の部分に表示オプションがありません。

品目H8010を詳しく見てみます。この品目の予測在庫水準と購入計画は、テーブル内の予測在庫水準購入計画の行に表示されます(下記の図を参照)。

予測在庫水準行は、列ヘッダの期間の最終日時点の水準を示しています。1月の最終日に、11単位の在庫が予測されています(上記の図を参照)。

予測在庫水準の計算方法を詳しく学ぶには、予測在庫水準を理解するを参照してください。

購入計画行は、列ヘッダの期間の初日までにオーダーすべき数量を表示しています。

推奨オーダー数量は、各オーダーサイクルの先頭に表示されていることが確認できます。例えば、オーダーサイクルが2か月の品目H8010は、1月の初日までに200単位の購入オーダーの発行が必要です1)

購入計画の計算方法を詳しく学ぶには、購入計画計算を理解するの文章を参照してください。

レポート閲覧

在庫レポートタブの今回のオーダー列では、すべての品目の現在の推奨オーダーを表示しています(下記の図を参照)。

ここで、今回のオーダーにある “今回の” 部分は、現在の補充パラメータと予測から構成される現在の状況を参照しています。手持ち在庫積送在庫や他のパラメータや予測の変更後、プロジェクトの再予測にて、今回のオーダーセクションが更新されることを意味しています2)

今回のオーダーセクションにある列の意味は、次のようになります。:

  • 数量は、現在時点でオーダーすべき数量です。
  • 在庫日数 数量は、将来の(予測を基準とした)需要に対応できる日数です。
  • は、購入オーダー明細行の値を表示しています。

一般的には、購入先には、最小のオーダー数量かつ/またはオーダー丸めなどのロットサイズ制約があります。制約の結果、必要以上のオーダー数量になることがあります。過剰割合である過剰オーダーは自動で計算されます。次の手順に従い、過剰オーダーを表示します。:

  1. 在庫レポートタブに進みます。
  2. タブ ツールバーの設定ボタンをクリックします。
  3. 表示列グループ内の過剰オーダーオプションをクリックします。(下記の図を参照)

ここで、今回のオーダーセクションに、過剰オーダー列が追加されます(下記の図を参照)。

今回のオーダーセクションは、分析に利用されるのが一般的ですが、過剰オーダー購入金額在庫日数やABC分析や他のKPIを基準とする補充オーダーの作成にも利用されます。

在庫レポートタブでも予測在庫水準と購入計画を表示しています。次の手順に従い、これらを表示します。:

  1. 在庫レポートタブに進みます。
  2. タブ ツールバーの設定 ボタンをクリックします。
  3. 予測在庫水準すべての購入計画を表示オプションをクリックします(下記の図を参照)。

ここで、在庫レポートのテーブルは購入計画予測在庫水準セクションを自動で表示します(下記の図を参照)。

購入計画内の空欄セルは、計画期間に対して信頼できる推奨オーダーを作成できる十分な情報がないこと意味しています。

予測在庫水準セクションの色分けは、次のことを表しています。:

  • 欠品が予想される将来の期間(背景が赤)。

購入計画は、必要に応じてユーザーの購入先にエクスポートされるのが一般的です。


次へ: 期待欠品と期待過剰在庫の分析

PDFダウンロード

1)
翻訳者注釈: オーダーサイクルが2か月のため、翌月の購入オーダーは0になります。
2)
翻訳者注釈: 今回のオーダーセクションの更新には、変更後の再予測が必要です。
ja/viewing-purchase-plan-and-projected-inventory-levels.txt · Last modified: 2019/03/22 16:46 (external edit)