User Tools

Site Tools


Menu

GMDH LLCのウエブサイトに戻る

ビデオ チュートリアル

ユーザーガイド

1. 一般的な情報

2. スタートアップ

3. データ接続

4. 需要予測と販売予測

5. 在庫計画

6. 参照

ja:spire-connection-guide

3.5.4. Spireからのデータインポート方法

Spireからデータインポートするには、メニューのファイル > 新規 > Spire 接続ダイアログを開きます。

  • ドメイン。Spire サーバーが実行されているドメイン名またはIPアドレスを入力します。Spire サーバーがローカルPCにインストールされている場合、デフォルト 値である'localhost'にしておきます。
  • ポート。Spire サーバーのポートを設定します。GMDH Streamlineは、Spire サーバーのインストール作業中のデフォルトポートを利用します。ポートを変更している場合、そのポートを入力します。
  • データベース名。接続したいSpire データベース名を入力します。データベース名は以下から見つけることができます。:
  • Spire サーバー企業一覧 (Spire 2.10 またはそれ以前)
  • Spire サーバーモニター (Spire 3.0)

Spire サーバーが実行されているドメイン名を入力します。または、Spire サーバーを実行しているサーバーのIPアドレスを入力します。

Spire サーバーのポートを設定します。デフォルトでは、GMDH Streamlineは、Spireのインストール時に提示された、Spire サーバー のデフォルトポートを利用します。ユーザー独自のポートを利用している場合、そのポートを設定します。

接続したいSpire データベース名前 を入力します。名前は、Spire サーバー企業一覧から簡単に取得できます。

実行には、Spireのタスクトレイアイコンをクリックします。Spire 3.0では、管理者権限のユーザー情報入力が要求されます。

  • ログイン。データベースのSpire アカウントユーザー名です。
  • パスワード。データベースのSpire アカウントパスワードです。
  • 次から開始コントロールは、データの一部だけをインポートできます。
  • タイムスタンプのグループ化コントロール データを(日、週、月)期間で自動的に集計します。予測、購入計画や他のレポートを月単位で確認する、月単位でデータをグループ化します。
  • TLS 証明書 オプションは、Spireが同梱しているspired.pemファイルの設定が必要です。
  • Spire 2.10またはそれ以前のバージョンでは次に保存されています。 : C:\Program Files (x86)\Spire\Server\spired.pem
  • Spire 3.0では次に保存されています。: C:\ProgramData\Spire\Server\spired.pem

参照ボタンをクリックし、ファイルを指定します。接続先のサーバーが信用できる場合(サーバーが、イントラネットやローカルネットワークにある場合など)には、証明書の設定は省略できます。この場合、“X” ボタンをクリックします1)

  • カスタムフィールドのロードオプションでは、 リードタイム オーダーサイクルなどの、品目に関する追加的な情報をインポートできます。リードタイムは、ユーザータイプフィールドからインポートされ、オーダーサイクルは、その他フィールドからインポートされます。リードタイムは、日単位で指定する必要があり、オーダーサイクルは、月単位の指定が必要です。フィールドの値は、Spireの在庫ダイアログ内の詳細タブにて設定します。

  • データ更新のみ オプションは、プロジェクトをSpire データベースと同期します。

最後に、OKをクリックします。


次へ: Stitch

PDFダウンロード

1)
翻訳者注釈: 閉じるボタンをクリックして、閉じます。
ja/spire-connection-guide.txt · Last modified: 2019/03/22 16:46 (external edit)