User Tools

Site Tools


Menu

GMDH LLCのウエブサイトに戻る

ビデオ チュートリアル

ユーザーガイド

1. 一般的な情報

2. スタートアップ

3. データ接続

4. 需要予測と販売予測

5. 在庫計画

6. 参照

ja:connecting-data

3.1. 一般的な要件

プロジェクトの新規作成の最初の手順は、データインポートです。データインポートは、さまざまなフォーマットのExcelファイルから、多くのデータベースまで幅広いのデータソースに対応しています。

ユーザーが指定したデータソースからプロジェクトを新規作成すると、すべてのデータインポートの設定が自動で保存され、データソースへのリンクも作成されます。データ更新 ボタンがクリックされたときに、このリンクがプロジェクトとデータソースと同期します。

下記の一覧表にて、インポートできるデータと対応特徴やレポートを紹介します。

データ 特徴 レポート
販売データ 販売履歴 需要予測と計画、販売数量を基礎とするABC分析 需要計画予測調整レポート予測精度レポート、 ABC分析レポート
販売価格 売上金額予測 売上計画売上を基礎とする KPI レポート
売上金額履歴売上を基礎とするABC分析 ABC分析レポート
在庫データ 基礎情報 在庫最適化、欠品と過剰在庫の分析 購入/補充計画予測在庫水準 レポート平均欠品在庫と平均過剰在庫
積送在庫情報 より正確な在庫最適化 より正確な在庫レポート
受注残
在庫金額または購入価格 粗利額に基づくABC分析 売上原価と在庫金額 ABC分析レポート
地点またはチャネル 地点 需要予測と地点別在庫計画 地点ビューからすべてのレポート確認
チャネル チャネル別または顧客別需要予測 チャネル別需要予測
キット品目 キット品目の分解 キット品目の構成品目についてすべてのレポートが作成されます。
部品表 資材所要量計画 資材所要量計画、 製造計画
品目保存期限 保存期限を持つ品目の在庫最適化 保存期限を考慮した調整済み購入計画/補充計画
在庫レポートの精度を高めるために、積送在庫受注残の情報を提供することを、強くお勧めします

GMDH Streamlineは、品目と地点の次元、または品目とチャネルの次元をサポートしています1)。品目と地点の次元では、インポートデータと作成した(予測、計画、レポート)情報を、品目と地点の視点から見ることができます。品目とチャネルの次元では、1つの品目を販売チャネル別または顧客別に、需要計画立案や在庫計画立案ができます。各視点の利用には、地点またはチャネルをインポートが必要です。地点またはチャネルをインポート後は、計画品目と呼ばれる品目-地点の組み合わせ、または品目-チャネルの組み合わせで、予測の実体は一意となります。

予測や計画立案のニーズに応じて、インポートデータを設定期間(日、週、月)に集計できます。月単位の予測が必要な場合、データを月別に集計します。

非常に短い(2または3期間)、または販売履歴がほどんどない場合でも、十分に精度がある予測を提供するため特別な方法が採用されていますが、予測の精度を高めるためには、少なくとも24か月の販売履歴を設定することを強くお勧めします。

ツールバーの新規ボタンをクリックすると、すべてのデータ接続が表示されます。

データ接続は、次の3つに分類できます。:

  • Database connection. This connection is the most generic and powerful. It allows you to pull data from any database that has an ODBC driver.
  • スプレッドシート 接続。いくつかの指定フォーマットに従ったExcelファイルやCSVファイルからデータをインポートします。
  • サードパーティシステム 接続。特定の会計システムや在庫管理システム用の接続です。これらの接続は、簡単なユーザーインターフェースを持ち、きわめて簡単な設定でデータをインポートできます。

スプレッドシート 接続

スプレッドシート 接続には、集計データ取引データの2種類の接続があります。両方とも、ExcelファイルまたはCSVファイルからデータをインポートできます。集計データは、特定期間の集計済み(販売履歴、手持ち在庫履歴、売上金額履歴)データを必要とします。取引データは集計処理前の取引データをインポートし、GMDH Streamlineがインポート中にデータを集計します。

CSVファイルは複数のシートを持つことができないため、Excelファイルと比較してインポートできる情報に制限があります。

販売データと在庫情報が単一のExcelファイルやCSVファイルに保存されている場合、集計スプレッドシート接続が便利です。この接続は、手書き帳簿の一般的なフォーマットを想定しています。この接続は、取引スプレッドシート接続データベース 接続と比較して、インポート機能が一番弱く、インポートできるデータ量も一番少ないです。

データベース、またはERPシステム、または会計システム、または在庫管理システムにすべての情報が保存され、ユーザーが対象システムから在庫移動取引一覧を取得でき、ExcelファイルまたはCSVファイルに保存できる場合、集計スプレッドシート接続ではなく、取引スプレッドシート接続の利用を優先してください2)

データベース 接続

ユーザーが利用しているシステムにデータ出力機能がない場合、システムのデータベースから直接データインポートするデータベース 接続が利用できます。データベース 接続は、GMDH Streamlineが処理できる最大限のデータをインポートでき、一番強力な機能を持ちます。ただしクエリの知識が必要となります。

サードパーティシステム 接続

GMDH Streamlineは、さまざまな会計システムや在庫管理システムとの統合機能があります。統合には、予測立案と資材調達計画立案に必要なすべてのデータをインポートする接続があります。

統合には、2種類あります。双方向の統合と単方向の統合です。どちらの統合もデータのインポートができます。双方向の統合は、購入オーダーとして補充推奨値情報をユーザーシステムに戻すエクスポートができます。単方向の統合は、このエクスポートができません。

双方向の統合には次があります。:

単方向の統合には次があります。:


次へ: ExcelファイルとCSVファイル

PDFダウンロード

1)
翻訳者注釈: 品目と地点とチャネルを組み合わせた3次元はサポートされていません。
2)
翻訳者注釈: データベース 接続やサードパーティシステム 接続が利用できる場合、これらの利用を優先してください。
ja/connecting-data.txt · Last modified: 2019/03/22 16:46 (external edit)