User Tools

Site Tools


Menu

GMDH LLCのウエブサイトに戻る

ビデオ チュートリアル

ユーザーガイド

1. 一般的な情報

2. スタートアップ

3. データ接続

4. 需要予測と販売予測

5. 在庫計画

6. 参照

ja:safety-stock-calculation

6.3. 安全在庫計算

GMDH Streamlineには、設定に応じた2つの異なる安全在庫があります。:

  • 安全在庫 – どの地点の倉庫でも参照される安全在庫です。この計算は、すべての地点について一括で設定します。
  • DC 安全在庫物流センターの安全在庫を参照します。

在庫補充方式によって、安全在庫(とDC 安全在庫)は、準備在庫の次の評価になります。:

安全在庫計算方法

モデルタイプにより、GMDH Streamlineが計算する安全在庫は異なります。

間欠需要モデルを除く他のすべてのモデルでは、安全在庫は次の3つの方法を利用し計算されます。:

  • 次の数式を用いて、設定されたサービス率から計算:

Safety~stock = alpha * delta * sqrt{t}, (1)

ここで:

  • α は、与えられたサービス率から決定されます。
  • δ は、学習セットのモデルの不偏標準偏差です。
  • t は、定期方式の場合オーダーサイクル値、ミニマックス方法の場合リードタイム値になります。オーダーサイクルリードタイムの2つの値は、計算前にデータ集計期間で変換されています。
  • リードタイムオーダーサイクルを加算した期間後の n データ集計期間中の需要を取ります。期間数は、ユーザーが設定したGMDH Streamlineの安全在庫期間パラメータです。

安全在庫期間の例を挙げます。データ集計期間が1か月(月次データ)、リードタイムが30日、オーダーサイクルが2か月、安全在庫期間 = 2のとき、安全在庫4月5月の需要の合計として計算されます(下記の図を参照)。期間 n の数値は、分数としても与えることできます。

  • 上記2つの値から最大値を取得。

物流センターの安全在庫(DC 安全在庫)は、安全在庫と同じ3つの方法を利用します。ただし、数式(1)だけが異なります。

DC~safety~stock = sqrt{SS^2_1(alpha,t) + SS^2_2(alpha,t) + ... + SS^2_m(alpha,t)}, (2)

SS_i(alpha,t) = alpha * delta_i * sqrt{t},~i = overline{1,m},

ここで:

  • m は、地点数です。
  • δi は、i番目の地点の学習セットのモデルの不偏標準偏差です。
  • α は、与えられたDC サービス率から決定されます。
  • t は、定期方式の場合DC オーダーサイクル値、ミニマックス方法の場合DC リードタイム値になります。DC オーダーサイクルDC リードタイムの2つの値は、計算前にデータ集計期間で変換されています。

間欠需要モデル用の安全在庫

T安全在庫が計算される将来のデータ集計期間とすると、

T ≤ 1 のとき、安全在庫は、次の対数正規分布の推定値となります。:

Safety~stock = 10^delim{}{Phi^-1(SL)hat{Dev}+log_{10}(hat{Med})}{}, (3)

ここで:

  • Φ-1(·) - は、標準正規分布の分位です1)
  • SL - 与えられたサービス率です。
  • hat{Dev} - O.O.Mで表現された対数正規分布の偏差の推定値です。これは間欠需要モデルの偏差パラメータです。
  • hat{Med} - 対数正規分布の中央値の推定値です。これは間欠需要モデルの中央値パラメータです。

モデルタブの偏差中央値のパラメータは、ユーザーが調整できます。

T > 1 の場合、安全在庫は次の3つの手順から計算されます。:

1. 最初に、 hat{Dev}hat{Med} の推定値の探索をします。
2. 次の方法に従い、推定値の補正します。:

hat{Med} = hat{Med}(1 + P_t * (T - 1)),
hat{Dev} = MAX[hat{Dev}(1 + P_t * (T - 1)) + hat{Med}^2 * Var_{B(T - 1)}, 0.01]

ここで:

  • Pt - 取引確率です。
  • VarB(T - 1) -2項分布の分散の推定値です。

3. 補正した推定値を利用した数式(3)を利用し、安全在庫を計算します。

T が分数の時2項分布は成り立ちませんが、分散の数式はあります

安全在庫負債

物流センター 設定の表示列グループにある安全在庫負債 受入/払出オプションにチェックを入れた場合、物流センタータブは、安全在庫負債 受入安全在庫負債 払出と名付けられた2カラムを追加で表示します(下記の図を参照)。

  • 安全在庫負債 払出は、上位のエシェロンに渡したDC 安全在庫負債を表示します。物流センターは2段階モデルで最上位のエシェロンのため、この列は空欄です。
  • 安全在庫負債 受入は、すべての地点(または物流センターが地点の1つに組み込まれた場合は、組み込まれた地点以外のすべての地点)で払出された安全在庫負債の総計を示します。地点の安全在庫負債は、地点の安全在庫を推奨水準に維持するため、必要な供給数量です。地点のリードタイム期間中の予期できないバラツキで地点の安全在庫が消費されるときに発生します。

レポート設定にある安全在庫負債 受入/払出オプションにチェックを入れた場合に、在庫レポートタブの安全在庫負債 払出列の近くで、地点の安全在庫を確認できます(下記の図を参照)。

ここで:

  • 安全在庫負債 受入は、より下位のエシェロンから受け入れる安全在庫負債を表示しています。私たちの地点は最下位のエシェロンに位置しているため、この列は空欄です。
  • 安全在庫負債 払出は、物流センターである上位のエシェロンに払出す地点の安全在庫負債を示しています。

物流センターの安全在庫負債 受入(Debt received)と地点の安全在庫負債 払出(Debt passed)の正確な数式は、次のようになります。:

Debt~received = sum{i=1}{m}{Round_i(Debt~passed_i)},

Debt passedi = max(0, Safety stocki - (On hand - D(LT) + InTrn(LT) - PndSales(LT))),

ここで:

  • Debt passedi - 物流センターに払出されるi 番目の地点の安全在庫負債です。
  • Safety stocki - i 番目の地点の安全在庫です。
  • Roundi() - i 番目の地点の丸めパラメータを利用した切り上げ関数です。例えば地点の丸めが50のとき、Round(51) = 100となります。
  • mは、地点数です。
  • D(LT) - 地点のリードタイム期間中の需要予測です。
  • InTrn(LT) - 地点のリードタイム期間中に到着する積送在庫数量です。ただしリードタイム期間の最終時点は除きます(下記の図にて説明)。
  • PndSales(LT) – 地点のリードタイム期間中に顧客へ出荷される受注残数量、ただしリードタイム期間の最終時点は除きます。
InTrn(LT)PndSales(LT)は、リードタイム期間中に発生するすべての到着と受注残を考慮しています。ただしリードタイム期間の最終時点は除きます(下記の図を参照)。つまり、GMDH Streamlineは、今回のオーダー 数量列で0ではない数量のオーダーを推奨しています。このとき予定されている到着は安全在庫負債 払出が計算されているときには、考慮されていません。

物流センターが販売拠点として組み込まれた場合、組み込まれた地点の安全在庫は、その他の地点と同じ方法で計算されます。しかしこの場合はGMDH Streamlineは、この結果とDC 安全在庫の合計を物流センタータブのDC 安全在庫列に表示します。

安全在庫負債の計算例

安全在庫負債の計算例を紹介します2)。計算方法の説明のため、例となるプロジェクトを利用します。このプロジェクトは、1つの物流センターと東日本と西日本の地点があります。品目 ビュータブのモデルタブの安全在庫 δを変更して、地点ごとの安全在庫を意図的に変更しています(下記の図を参照)。

東日本と西日本の安全在庫は次のように計算され、丸めから5と11となります。:

Safety~stock = 2.05 * 2 * sqrt{1} = 4.1

Safety~stock = 2.05 * 5 * sqrt{1} = 10.25

物流センターの安全在庫は次のように計算され、丸めから12となります。:

Safety~stock = sqrt{(2.05 * 2 * sqrt{1})^2+ (2.05 * 5* sqrt{1})^2}

東日本と西日本のそれぞれの需要は100単位です。東日本の安全在庫が5単位ですが、2018年1月に安全在庫が2単位不足します。同じように西日本では11単位不足します。これらの不足が在庫レポート安全在庫負債 払出です。各地点の安全在庫負債 払出合計が、物流センタータブにある安全在庫負債 受入になります(下記の図を参照)。

安全在庫計算の設定

安全在庫安全在庫負債の計算方法は、個別に設定できます。

次の手順に従い、安全在庫計算方法を設定します。:

  1. メニューよりファイル > 設定 > 在庫タブ > 安全在庫セクションを選択します(下記の図を参照)。
  2. 次を選択します。:
    • 最初に、数式(1)を利用して安全在庫を計算するオプションを選択します。
    • 次に、与えられた将来の期間の需要の合計として安全在庫を決めます。
    • 2つにチェックが設定されている場合、上記2つの値から最大値を計算し安全在庫とします。

安全在庫負債計算方法の設定は、次の手順に従います。:

次の手順に従い、安全在庫負債計算方法を設定します。:

  1. メニューよりファイル > 設定 > 在庫タブ > 安全在庫セクションを選択します (下記の図を参照)。
  2. 次を選択します。:
    • 最初に、数式(2)を利用して安全在庫を計算するオプションを選択します。
    • 次に、与えられた将来の期間の需要の合計として安全在庫負債を決めます。
    • 2つのオプションにて、上記2つの最大値として安全在庫負債を計算します。

これまで説明したように、安全在庫安全在庫負債は設定されたサービス率安全在庫期間のパラメータをもとに計算されます。これらの設定方法は複数あります。これらについて知るには、補充パラメータ設定方法を参照してください。


次へ: 購入計画と予測在庫水準を理解する

PDFダウンロード

1)
翻訳者注釈: 95%のとき1.64、98%のとき2.05になり、安全係数と考えてもよいと思います。
2)
翻訳者注釈: このセクションは日本語版だけ用意されています。
ja/safety-stock-calculation.txt · Last modified: 2019/03/22 16:46 (external edit)