User Tools

Site Tools


Menu

GMDH LLCのウエブサイトに戻る

ビデオ チュートリアル

ユーザーガイド

1. 一般的な情報

2. スタートアップ

3. データ接続

4. 需要予測と販売予測

5. 在庫計画

6. 参照

ja:basic-workflows

2.1. 基本ワークフロー

GMDH Streamlineは、買いすぎや過剰在庫や不要な資本の圧迫を防ぎながら、欠品とならない十分な在庫を持つ、バランスの取れた需要計画と在庫計画を立案するソリューションです。需要予測のみの利用もできますが、需要予測と在庫計画の2つの利用もできます。GMDH Streamlineにとっては、需要計画は在庫計画の一部といえます。

ワークフロー

下記の一覧表にて、需要計画と在庫計画の各基本ワークフローを紹介します。

新規プロジェクト 既存プロジェクト
1. プロジェクトの新規作成 1. プロジェクトの更新
需要計画 2. 予測の立案と閲覧
3. 予測の調整と承認
4. 予測のエクスポート (任意で在庫計画)
5. 次の手順へ進む 1. プロジェクトの更新 (需要計画用)
在庫計画 6. 補充パラメータの設定 6. 補充パラメータの再設定 (任意)
7. 購入計画立案
8. 購入計画と予測在庫水準の閲覧
9. 期待欠品と期待過剰在庫の分析
10. 購入オーダーの作成
11. 購入計画のエクスポート (任意)
12. 次の手順へ進む 1. プロジェクトの更新
新規プロジェクトでは、少なくとも1回は補充パラメータの調整(手順 6)が必要です。
状況に応じて、再度補充パラメータを調整(手順 6)できます。より短いリードタイムで提供できる新しい購入先を採用した場合が例になります。

ご覧のように、ワークフローには繰り返し(手順 5 需要計画 と手順 12 在庫計画 )があります。

需要計画

需要計画は、信頼できる需要予測を確立する手続きです。ユーザーの販売履歴から需要予測を立案し、予想される将来の需要を決定します。

プロジェクトの更新 手順の一連の流れは、一般的には、データ集計期間で行われます。例えば、月次(販売データは月次で集計されている)で需要予測する場合、ユーザーは新しい販売期間(月次)ごとのプロジェクト更新が、一般的です。しかしGMDH Streamlineではこのような制限はなく、現在の販売期間のデータを毎日更新することができ、その都度需要予測ができます。

在庫計画

在庫計画とは、需要に対応するサービス率を満たすため、維持すべき最適な在庫水準を確立する手続きです。補充手続きの最適化には、安全在庫購入計画が重要な入力パラメータとなります。2つの入力パラメータは、サプライチェーンで最も重要な2つの要因である、在庫総量と適切なサービス率を維持する能力をコントロールします。在庫計画手続きにて、これらのパラメータを定義します。需要パターンが変化すると、望ましいサービス率を保証するため、最適な在庫水準も変化します。

GMDH Streamlineは、必要な安全在庫と最適な在庫水準を自動で計算し、立案された需要予測とユーザーが設定したサービス率に基づき購入計画を立案します。言い換えると、ユーザーの(現在の手持ち在庫や現在の期間中の販売履歴や積送在庫などの)データ更新に合わせ、購入計画と安全在庫水準の計算と更新を行い、それぞれが現在の需要パターンや在庫状態や未完了販売オーダーや未完了購入オーダーを反映できるようします。

購入計画は、立案された需要予測とユーザーが設定した補充パラメータから計算されます。ユーザーは、この補充計画を読み取り専用として利用できます。ただし、調整済み予測や補充パラメータの修正時には補充計画は変更されます。これに加えて、補充計画はExcelにエクスポートでき、必要に応じて編集ができます1)

計画オーダー

設定に応じて次の2種類の計画オーダーがあります。購入オーダー (PO) と 補充オーダー (RO)です。

物流センターを利用しないで、地点を利用した場合は、各計画品目別に推奨オーダーと購入オーダーが作成されます。購入オーダー(PO)立案には、次が考慮されています。:

  • 積送在庫情報 (未完了購入オーダー、地点間の未完了輸送オーダー)
  • 受注残情報 (未完了販売オーダーまたは バックオーダー)
  • 現在の手持ち在庫
  • 他のパラメータ

物流センターと地点利用した場合は、購入先への購入オーダーと物流センターへの補充オーダーといった、すべてのサプライチェーンが計画されます。GMDH Streamlineは、現在では2段階モデルをサポートしています(下記の図を参照)。

ご覧のように、物流センターを利用した場合、購入先から直接供給される地点についても計画立案ができます。物流センターの購入オーダー(PO)立案のため、次が考慮されています。:

  • 積送在庫情報 (未完了購入オーダー、物流センター間の未完了輸送オーダー)
  • 物流センターが品目の配送と販売の両方をする場合、受注残情報 (未完了販売オーダーまたはバックオーダー)
  • 供給地点からの補充オーダー
  • 物流センターの現在の手持ち在庫
  • 他のパラメータ

計画立案手続き

計画立案手続きは、オーダーサイクル(購入先へのオーダーの頻度)を重要なパラメータとする補充方式に従い、進められます。ユーザーが補充方式を設定します。

データ更新後にプロジェクトを再度予測すると、現在の状況(現在の手持ち在庫や積送在庫の配送や未完了販売オーダーや他の補充パラメータ)から、リードタイム後のオーダーサイクル期間で在庫を補充する計画が立案されます。つまり、プロジェクトを最新の手持ち在庫で日々更新する場合、推奨オーダーも日々更新されます。更新される推奨オーダーから、ユーザーは現在の時点で何をいくつオーダーすべきかが分かります。

計画立案手続きはオーダーサイクル毎に実行されるため、少なくともオーダーサイクル期間に1回は、購入オーダーを作成します。

予期しない需要により大量(もしくはすべての)在庫が消費された場合でも、(GMDH Streamlineが作成した通常の購入オーダーのワークフローに加えて)定期補充方式を利用して、いつでも追加の購入オーダーを発行できます。

卸売りや小売り側は、ブランド別に異なるタイミングで購入オーダーを作成することが一般的です。今日はドルチェ&ガッバーナ向け、明日はナイキ向けのように、購入オーダーを日々作成します。したがって、計画担当者は(ワークフローの手順 12を実行し)データを日々更新し、対象製品群の購入オーダー作成が通常です。

組み込みの双方向接続、または購入オーダーをエクスポートできるクエリを設定したデータベース 接続を利用してデータをインポートしている場合、次回の購入オーダー期限が計算され、表示されます。

QuickBooksのサンプルデータの例を紹介します。

組み込みのQuickBooks 接続を利用し、1回目のデータインポート後に購入計画を立案すると、在庫レポート今回のオーダーセクションに、現在オーダーすべき品目が表示されます(下記の図を参照)。

ご覧のように、現在時点でCabinet Pulls62単位のオーダーが推奨されています。現在時点では、この品目には積送在庫がなく、かつこれまで購入オーダーを作成していないため、今回のオーダー セクション内の次回のオーダー期限列の対応セルは空欄になっています(上記の図を参照)。

QuickBooksに購入オーダーをエクスポートしてみます。在庫レポートツールバーにある購入オーダーボタンをクリックし、エクスポートします(下記の図を参照)。

クリック後、購入オーダープレビューダイアログが表示されます。このダイアログでは、数量の調整や、エクスポート対象の品目の選択や、その他が行えます(下記の図を参照)。

調整や選択後に、作成ボタンをクリックします。購入オーダーは即座にエクスポートされ、その旨が通知されます(下記の図を参照)。

この時点で、今回のオーダー セクション内の次回のオーダー期限を確認します(下記の図を参照)。

ご覧のように、対象の計画品目では、次回の購入オーダー期限の計算と表示がされています。オーダー済み数量を表示する在庫レポートの積送在庫列も更新されています(上記の図を参照)。

上記の一覧表に紹介した在庫計画ワークフローは、一般的なワークフローの1つです。特殊な在庫計画の詳細は、下記の節で紹介されています。:


次へ: プロジェクトの新規作成

PDFダウンロード

1)
翻訳者注釈: この作業から、ユーザーは補充計画を変更できます。
ja/basic-workflows.txt · Last modified: 2019/03/22 16:46 (external edit)