User Tools

Site Tools


Menu

GMDH LLCのウエブサイトに戻る

ビデオ チュートリアル

ユーザーガイド

1. 一般的な情報

2. スタートアップ

3. データ接続

4. 需要予測と販売予測

5. 在庫計画

6. 参照

ja:generating-purchase-plan

5.3. 購入計画立案

データインポートと必要な補充パラメータの設定後は、次の手順に従い、予測と補充計画を立案します。:

1. 補充計画の期間より十分長い期間数を予測期間パラメータに設定します。

再発注数量と安全在庫を正確に計算するためには、予測期間は、最長のリードタイムと最長のオーダーサイクルの合計期間以上が必要です。

私たちの例では、品目L101090日間のリードタイムと3か月のオーダーサイクルが設定されています。合計値は6か月となり、この組み合わせはすべての品目で最長です。予測期間は、この6か月より長い必要があり、12か月を設定しました。

2. 最新の販売履歴のデータが不完全な場合、予測時点コントロールにて(中間時点)オプションを選択します。販売履歴が完全な場合、予測時点一覧から最後の項目を選択します。

私たちの例では、今日は12月の最終日であり、かつ販売履歴もすべて用意できてる仮定から、予測時点パラメータを最後の項目である2015年12月を選択します(下記の図を参照)。

3. プログラム ツールバーにある予測ボタンをクリックします。


次へ: 購入計画と予測在庫水準の閲覧

PDFダウンロード

ja/generating-purchase-plan.txt · Last modified: 2019/03/22 16:46 (external edit)