User Tools

Site Tools


Sidebar

GMDH LLCのウエブサイトに戻る

ビデオ チュートリアル

ユーザーガイド

1. 一般的な情報

2. スタートアップ

3. データ接続

4. 需要予測と販売予測

5. 在庫計画

6. 参照

ja:transactions-data

Demand forecasting data

需要予測データ

  • Date – the transaction date.
  • 日付 – 取引日付
  • Quantity sold – the item amount that was sold in the transaction.
  • 販売数量 – 取引にて販売した品目数
  • Item code – the item identifier is also known as SKU.
  • 品目コード – 品目ID、SKUとしても知られています。
  • Item description – a readable name for the item.
  • 品目説明 – 品目の読みやすい名前
  • Item category – the category such as a product group. The number of categories is not limited - as soon as the category is selected, a new option appears as Item category 2, then Item category 3 and so on. The sequence of them forms a hierarchy of categories in Streamline. In other words, the Item category 2 is a subcategory of Item category, the Item category 3 is a subcategory of Item category 2, and so on. The sales history should be broken by these categories.
  • 品目分類 – 製品グループなどの分類。分類数に制限はありません。分類が選択されると、新しいオプションは、品目分類 2に変更され、その後品目分類 3などが続きます。GMDH Streamlineでは、分類の連続が階層を構成します。言い換えると、品目分類の小分類が、品目分類 2であり、品目分類 2の小分類が、品目分類 3となり、これが連続します。販売履歴は、これら分類別の区切りが必要です。
  • Location (such as a store, warehouse, or region) is used to forecast consumption of each Item code in each location.
  • 地点 (店舗、倉庫、または、地域など) 各地点別の各品目コードの消費の予測に利用されます。
  • Location category is used to create a hierarchy of locations, for example, Region > City > Store. The location category hierarchy is imported in Streamline the same way as for the item category hierarchy.
  • 地点分類 は、地点の階層を作成します。例えば、地域 > 市 > 店舗です。地点分類は、品目分類の階層と同じように、GMDH Streamlineにインポートできます。
  • Channel represents a channel via which an item is distributed or sold. For example, e-commerce, direct sales, distributors, or a single customer. This column should be used when you need to plan your demand by channels or customers.
  • チャネル は、品目が配送または販売されるチャネルを表します。例としては、E-コマースや、直接販売、販売店、単一顧客などです。チャネル別または顧客別需要予測には、チャネルデータが必要です。
  • Sales price/unit – the price of one item in the sale transaction, used to forecast revenue and perform ABC analysis.
  • 販売価格/単位 – 販売取引の品目の1単位の価格で、ABC分析の実行に利用されます。
  • Transaction revenue – the price of the sale transaction. You should provide Streamline with either the Sales price/unit or Transaction revenue when importing.
  • 販売価格/オーダー – 販売取引の価格。 インポート時は、販売価格/単位 または、 販売価格/オーダー のどちらかの選択が必要です。

Inventory data

在庫データ

  • On hand change – how much the On hand has changed. When this column comes into play the request must return not only the sales transactions but all the transactions impacting the On hand.
  • 手持ち在庫 更新 – 取引後の手持ち在庫の変化量。このデータが利用された場合、単一の販売取引だけではなく、手持ち在庫 に影響を与えるすべての取引が必要です。
  • On hand – is the On hand remaining after the transaction. When both On hand and On hand change are given, the former is the Last on hand.
  • 手持ち在庫 – 取引後に残っている手持ち在庫。手持ち在庫手持ち在庫 更新の2つが用意された場合、前者は、 最終 手持ち在庫となります。
  • Qty to receive - the amount of the item currently in transition.
  • 積送在庫 - 現在積送中の品目の総量。
  • Delivery date – expected delivery date of the item from your supplier.
  • 予定日 – 購入先からの品目の期待予定日。
  • Lead time – is given in days and represents the interval of time between replenishment order placement and its receipt.
  • リードタイム – 補充オーダーの発行から到着までの時間間隔、日数で与えられます1)
  • Lead time variance – the variance of the item lead time.
  • リードタイム分散 – 品目のリードタイム分散
  • Order cycle represents how often the item is ordered from your supplier. It can be given in sales history periods (weeks or month), days, or lead times. For example, once per month, or once per item lead time. It must be an integer. For example, if inventory is replenished semimonthly, then enter number 2 and use weekly sales data. If order cycle column has empty cells or is not given at all, the default value is loaded from the inventory report settings.
  • オーダーサイクル品目を購入先にオーダーする頻度を表しています。販売履歴の期間 (週や月)、日数、またはリードタイム単位で設定します。例えば、月1回、リードタイムで1回などです。数値は整数です。例えば在庫が半月ごとに補充される場合、数値の2を入力し、週次の販売履歴を利用が必要です。オーダーサイクルが空欄または未設定の場合、デフォルト値は、在庫レポート設定のデフォルト値が適用されます。
  • Order rounding allows Streamline to take into account how many items come packed in a carton, allowing the application to suggest exactly the right amount of the item to order.
  • オーダー丸め は、段ボールの梱包数量を考慮し、必要数量から購入数量を作成します。
  • Min lot and Max lot represent optional constraints on how few or how many of this item can be purchased from your supplier.
  • 最小ロット最大ロット は、購入先から購入できる数量の範囲である、任意の制約を表しています。
  • Supplier code – the identifier of the supplier.
  • 購入先コード – 購入先IDです。
  • Supplier’s currency – the currency in which the purchase orders are placed.
  • 購入先通貨 – 購入オーダーの作成時の通貨
  • Shelf life is given in the data aggregation periods (days, weeks or months) and is the desired shelf life time.
  • 保存期限 は、データ集計期間単位(日、週、月)で設定し、希望する保存期限を記載します。
  • Item purchase price – the last purchase price of the item in the supplier's currency.
  • 品目購入単価 – 購入先通貨での在庫品目の最新購入価格
  • Inventory value/unit – the balance value of the item in stock.
  • 在庫金額/単位 – 在庫品目の1単位の評価額
  • Info field – any additional field that describes the characteristic of the item, e.g. purchasing preferences or comments.
  • 品目情報フィールド – 優先的購入傾向 や コメントなど、品目の特徴を説明する追加フィールドです。
1)
翻訳者注釈: 調達リードタイムとも呼ばれます。
ja/transactions-data.txt · Last modified: 2019/04/05 14:47 (external edit)